「金が必要ならそこから取れよ!」キレた夫から財布を投げつけられた!妻は…? #モラ夫 56

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第56話。離婚済み2児シンママ・モグさんと顔がタイプのモラハラ元夫との体験談。

引っ越しして数日経ったとき、夫宛てに大きな荷物が届いた。荷物が届くなんて聞いていないし、勝手に開けたら怒られるかもしれない。

そのままにしておくと、夫は帰って来るなり「本当気が利かないよね。1日家にいるんだから組み立ててくれてもいいじゃん」と相変わらず主婦を軽視する発言をした。

 

そして、明日には椅子も届くという。自分の趣味用の大きな家具を無断で買っておいて、その費用は「家計からでしょ」と言いだして、ひと悶着勃発することに!

 

続きを読む

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第56話

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第56話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第56話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第56話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第56話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第56話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第56話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第56話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第56話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第56話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第56話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第56話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第56話

 

「引っ越しはモグちゃんがしたいって言ったんだから、そこに掛かったお金は我慢すべきじゃないの?」

 

引っ越しを希望したのはモグさんのわがままだから、引っ越し費用はモグさんの娯楽費だと、事あるごとに言われる。

 

家具の代金を払ってほしいと伝えると急に不機嫌になり、怒鳴って財布を床に投げつけた。

 

「いちいちうっせぇな! 金が必要ならそこから取れよ!」

 

財布を手に取ると夫は「本当に取るのかよ」という顔をしていた。

 

家具の金額は「2万円いっていない」と聞いていたから、足りないとわかっていたけど財布から1万円をもらった。なのに後日請求を見ると2万5千円……彼を信じた私がダメだった。

 

荷解きをしない夫と引っ越しするのはすごく大変だったけれど、こうして無事(?)に引っ越しは終わったのでした。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターモグ

    2児の母でシングルマザー。顔が好みの夫と結婚したら結婚後モラハラ夫に豹変。数年間のモラハラ結婚生活体験談を鳥頭ゆばさんによりマンガ化。著書『顔で選んだダンナはモラハラの塊でした』(KADOKAWA)

    同じ著者の連載

    • 通報
      テメーが粗大ゴミだわボケ。
    • 通報
      新しい家具買うつもりなら
      古い家具って普通は新居に持ってこないで
      引越しの時についでに処分するよね?
      余計な手間かけさせてお金も出す気無しって
      嫁への嫌がらせ?
      +65 -0
    • 通報
      乳飲児の息子ちゃんより手が掛かるやん。頼むから出ていけ。
      +81 -2

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP