「え、私がやるの?」嫁は家の奴隷じゃない。負の連鎖を断ち切る決意をした瞬間 #モラ夫 59

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第59話。離婚済み2児シンママ・モグさんと顔がタイプのモラハラ元夫との体験談です。

お正月の実家帰省から自宅へ戻り、とある1月の休日に夫の自宅で開かれる新年会へ向かった。

モグさんの実家から預かったお年賀を義母に渡した。そのあとの義父と義母のやりとりを聞いてモヤッとして……。

 

続きを読む

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第59話

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第59話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第59話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第59話

 

「別に送る必要ないだろう」

 

お前なんか嫁だと思っていないと、面と向かって言われるほど嫌われているんだから、この会話を嫁が聞いていたととしても、お構いなしなんだろう。

 

以前実家が贈ったものを、義父は「またこれか」と言った。今回も「こういうのは口に合わない」と言う声が聞こえた。父の日に渡したプレゼントも、夫が持って帰ってきたし、改めて義父が怖いと思った。

 

義実家に親戚がたくさん集まってきたけれど、新年会の準備はなぜか義母一人でやっていて、誰一人手伝っていないことが気になった。

 

マロくんの親戚は男性だけでなくもちろん女性もいる。
男は座って女が働くという考え方は好きではないけど、親戚の若い子も年配の方も、夫の妹さんも、誰一人手伝わないのが疑問だった。

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第59話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第59話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第59話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第59話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第59話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第59話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第59話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第59話

 

「マロ家に嫁いだんですもの、お客さんはもてなさないとね」

 

お義母さんはマロ家の嫁としての任務を果たすのは当たり前、という考えのようだった。

 

「私が引退したらモグちゃんがもてなしてね!」

 

えっ、お義母さんみたいに一人で新年会の準備をしないといけない日がくるの……?!

 

この言葉を聞いて、気が重くなってしまった。いや、自分の子どもには絶対に手伝わせよう! 嫁だからという理由で、一人で大勢の食事の支度をするのは、私は良いことだとは思えない。

 

嫁は奴隷じゃない。

 

私で負の連鎖を断ち切ろうと決意した瞬間だった。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターモグ

    2児の母でシングルマザー。顔が好みの夫と結婚したら結婚後モラハラ夫に豹変。数年間のモラハラ結婚生活体験談を鳥頭ゆばさんによりマンガ化。著書『顔で選んだダンナはモラハラの塊でした』(KADOKAWA)

    同じ著者の連載

    • 通報
      どの回を読んでもいつも嫌な気持ちになるこの話。 なんだろう、旦那はもはや問題外だけど、モグちゃんにもイライラしちゃう。  散々文句言っておきながら、2人目作ります?  鍵アカウント作って愚痴ってのも気… もっと見る
      どの回を読んでもいつも嫌な気持ちになるこの話。
      なんだろう、旦那はもはや問題外だけど、モグちゃんにもイライラしちゃう。 
      散々文句言っておきながら、2人目作ります?
       鍵アカウント作って愚痴ってのも気持ち悪い。
      旦那もモグちゃんもどちらも無理。。。 
      +25 -0
    • 通報
      結婚は顔で選んだらダメですね!
      +28 -0
    • 通報
      2人目作る前になんで離婚しなかったんだろ。
      顔で選んだってどれほどのツラなのか気になる笑
      +129 -1

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP