「私も!」トイレットペーパーでしのぐ日々。初ナプキンを手にしたのは… ♯生理の貧困 2

【生理の貧困を知っていますか?第2話】生理の貧困――。ニュースなどにも取り上げられ、昨今よく聞くようになった言葉です。生理の貧困とは、経済的な理由などのさまざまな理由から生理用品の入手が困難な状態にあることを指しますが、その理由が「家庭の環境」であることも……。そんなつらい体験をした、ある女性のお話をマンガにしたものです。

まめねこです。生理に関するInstagramの投稿がきっかけで知り合ったある女性。彼女とのやり取りを通じて、私は「生理の貧困」という言葉を知りました。今回描くのは、その女性の体験談です。このマンガが「少しでも生理の貧困への理解に繋がったら」と思います。

 

前回、両親から日常的な暴力・暴言を受けていた女の子。初潮がきたことに気づいても、「生理がきたなんて伝えたら怒られる! 怖い!」という思いが優先し、生理について母親に伝えることができず、ナプキンを使うことができませんでした。そんななか、勇気を出して「怒られると思うから、生理のことを親に伝えられない」と先生に相談してみたのですが、「そう思っているのはあなただけじゃない?」と言われ、真剣に考えてもらえず……。

 

 

続きを読む

生理の貧困を知っていますか? 第2話

生理の貧困を知っていますか?第2話

 

生理の貧困を知っていますか?第2話

 

生理の貧困を知っていますか?第2話

 

生理の貧困を知っていますか?第2話

 

生理の貧困を知っていますか?第2話

 

生理の貧困を知っていますか?第2話

 

生理の貧困を知っていますか?第2話

 

生理の貧困を知っていますか?第2話

 

生理の貧困を知っていますか?第2話

 

生理の貧困を知っていますか?第2話

 

先生へのSOSも伝わらず、友人へも相談できず、生理のことをひた隠しにして、ナプキンを使わずになんとか乗りきっていた女の子。初めてナプキンを使ったのは、なんと高校生になってからでした。その使い心地に感動しつつも、「どこで買えるの? いくらくらいするの?」という情報すら彼女には届かず、友人に200円を払い続けることもできなくて、ナプキンを継続的に使うことができませんでした。

 

ナプキン1枚を借りるのに200円――。この金額は1枚のナプキンの価格としてはとても高額ですが、そんなことすら女の子にはわからなかったのです。

 

18歳で社会人になり、この女の子はようやくさまざまな生理用品に触れることができるように。しかし、「自分には知識がない」ということで自信がなかった女の子……。しかし、ある運命的な出会いをすることによって、変わっていくのです。

 

第3話に続きます。

 

なお、この女性は今、自分のような思いをする子どもたちが1人でもいなくなるようにと、「フリーナプキン・moon laboいとしま」というボランティア団体を立ち上げ、さまざまな環境でナプキンを自由に使えない子どもたちへナプキンを配布するなどの支援活動をされています。

 

監修/助産師REIKO

 

 


まめねこさんのマンガは、このほかにもInstagramやブログで更新されています。
ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターまめねこ

    4歳差男子2人のママ。クセの強い長男と、自我芽生えまくりの次男、ふわっとした夫、ブッサかわな愛犬とで5年前から山奥暮らしを満喫中。Instagramでは日々の知育あそびや、フォロワーさんのお悩みをマンガ化して投稿しています。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP