「難易度がこんなに違うの!?」産後の生活の変化を夫婦で実感した出来事

2021年4月に第一子となる娘さんを出産した際、ご夫婦で1年間育休を取得したという、こむぎ(@komugi_baby77)さんによる連載育児マンガ、「夫婦で育休1年とってみた」第5話。今回は出産後、家族3人で少しずつお出かけをするようになったときに感じたというエピソードをご紹介します。

 

続きを読む

産前、産後の違いを実感!

育児 ハードモード

 

ベビーカーや抱っこ紐を使ってお出かけできるようになると、「育児グッズって便利!」と感動する反面、「お出かけの難易度高い!」「みんなどうしてるの??」と思うことが、たくさんありました。

 

例えば……抱っこ紐で出かけているとき、ベビーチェアがないトイレではママはどうやって用を足してるの? 

 

・通路が狭い店は入らない方がいいの?

 

・ラーメン屋はNG?
 

・そもそも赤ちゃん連れが入れない店って??

 

・ショッピングや散歩中、突然泣き出したり、おむつ交換なのにトイレがないときはどうしたらいいの??? などなど。

 

ただ、こうしたことは、自分で経験しながら学んでいくしかないのだと実感。

 

そして、「お出かけのときは、下調べと前準備が重要」なのだと学びました。

 

いつも見慣れた街、行き慣れた場所なのに、子連れになった途端に全く違った景色に見える……。
 

今までの人生は、「イージーモード」だったんだなぁと思いました。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    ライターこむぎ

    0歳女児を育てる新米ママ。夫婦そろって一年間の育休を取得。ダブル育休エッセイの文や漫画を、SNSにて更新中。

    同じ著者の連載


    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーターモイライ

    主に作画で活躍中。代表作「メキシコでアミーゴ!」

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP