「すべてから逃げ出したい…」産後うつ寸前の孤独な育児中に隣人が… #隣人に生後1カ月半の息子を拉致された話 3

「隣人に生後1カ月半の息子を拉致された話」第3話。憧れの京町家暮らしをしていた星田さん夫婦。息子が生まれたことで、環境が一変してしまい……。

憧れの京町家での暮らし。子どもが産まれるまでは、とくに不便はなかったものの、出産後は特有の住環境がジワジワとストレスになっていきました。

 

隣人に生後1カ月半の息子を拉致された話〜第3話

お互いの生活音が聞こえやすい京町家での暮らし。産後の星田さんは、子どもの泣き声などで迷惑をかけないようにと気を使う日々。スッピン&ボロボロの姿を人に見られたくないと思ってしまい、外にも出られず徐々に追い詰められていきます。

 

隣人に生後1カ月半の息子を拉致された話3_1

 

隣人に生後1カ月半の息子を拉致された話3_2

 

隣人に生後1カ月半の息子を拉致された話3_3

 

隣人に生後1カ月半の息子を拉致された話3_4

部屋の換気をしながら息子をあやしていると、「うるさい!!」という罵声が聞こえ、勢いよく雨戸が閉められました。

 

孤独な育児で追い詰められていた星田さんは、それだけでもたやすく傷ついてしまいます。

 

仕事をコントロールできない夫、生活時間の異なる隣人、思うようにいかない育児、頼れる人のいないこの場所……。

 

もう、すべてから逃げ出してしまいたい。

 

育児に行き詰まり、産後うつ寸前の状態に……。

 

そんなある日、隣人の福島さんから「顔出してみたらどやろ?」と地蔵盆に誘われた星田さん。

 

この地蔵盆への参加をきっかけに、あの事件が起きてしまうのです。

 

次回、このままではダメだ! と一歩踏み出した星田さんが言われた衝撃の言葉とは!?

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター星田つまみ

    6歳差元気兄弟の育児に日々奮闘中です!いっぱい怒っていっぱい泣いていっぱい笑った子どもたちとの日々を忘れないように、育児漫画を描いています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    お子さまの写真
    投稿で当たる🎁

    ココをタップして
    ︎詳細を確認▶