「子どもは借りとくし」へっ!? 意を決して参加した町内行事で突然息子を奪われ… #隣人に生後1カ月半の息子を拉致された話 4

「隣人に生後1カ月半の息子を拉致された話」第4話。慣れない育児と気を使う京町家での暮らしに行き詰まっていた星田さんが起こした行動とは!?

ある日、部屋の換気をしながら泣いている息子をあやしていると「うるさい!!」という罵声が聞こえ、さらに傷ついてしまう星田さん。頼れる人もいない、京町家でのワンオペ育児でメンタルはボロボロの状態でした。

 

隣人に生後1カ月半の息子を拉致された話〜第4話

「すべてから逃げ出してしまいたい」追い詰められていた星田さんは、産後うつ寸前に。そんなとき、隣人の福島さんから「顔出してみたらどやろ?」と地蔵盆に誘われたのですが……。

 

隣人に生後1カ月半の息子を拉致された話4_1

隣人に生後1カ月半の息子を拉致された話4_2

 

隣人に生後1カ月半の息子を拉致された話4_3

隣人に生後1カ月半の息子を拉致された話4_4

 

隣人に生後1カ月半の息子を拉致された話4_5

隣人に生後1カ月半の息子を拉致された話4_6


隣人の福島さんから誘われた「地蔵盆」は、伝統的な縁日行事で、子どものお祭りでもあるもの。

 

夫は「あんまり気を遣わず、気楽に顔を出すくらいにしときや」と言うものの、ないがしろにはできないし、と悩む星田さん。

 

今まで町内行事には一度も参加していませんでしたが、このままではダメな気がして一歩踏み出すことに!

 

地蔵盆当日の朝、手伝いに出かけると、知らないおばさんから「ここ寝かせぇ」と声をかけられました。

 

誰だろ、ちょっと怖いな……。

 

そう思いながらも座布団に息子を寝かせた星田さんに、「おっぱいは済んどるんか」「なんや紙おむつかいな」とズケズケとキツイことを言ってきます。

 

嫌な予感がした星田さんはさっさと手伝って早めに家に戻ろうとしたのですが……。

 

おばさんは「あんたはええよ、家帰っときぃ」「こん子はあたしらが借りとくし」と宣言。

 

へっ!? 借りる? 私の息子を?? どういうこと!?

 

次回、おばさんはさらに信じられない行動に……! 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター星田つまみ

    6歳差元気兄弟の育児に日々奮闘中です!いっぱい怒っていっぱい泣いていっぱい笑った子どもたちとの日々を忘れないように、育児漫画を描いています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    お子さまの写真
    投稿で当たる🎁

    ココをタップして
    ︎詳細を確認▶