「大丈夫かいな…」知らないおばさんが強引に息子を連れ去った理由が明らかになり!? #隣人に生後1カ月半の息子を拉致された話 7

「隣人に生後1カ月半の息子を拉致された話」第7話。息子を助けようと自宅を飛び出そうとすると、そこには知らない女性が。女性は息子を連れ去った野崎さんの嫁で、「ごめんね、私のせいだわ……」と言われ……。

息子がいる場所へ向かいながら、野崎さんの家の嫁である女性は、以前京町家の暮らしになじめず、産後うつになって子どもを置いて逃げ出してしまったことがあると教えてくれました。

 

隣人に生後1カ月半の息子を拉致された話〜第7話

町家の住人が賑わう中、野崎さんに見守られながらご機嫌に過ごす息子の姿が。野崎さんが息子を強引に連れ去ったことには野崎さんなりの理由があったようです。

 

隣人に生後1カ月半の息子を拉致された話7_1

 

隣人に生後1カ月半の息子を拉致された話7_2

 

隣人に生後1カ月半の息子を拉致された話7_3

 

隣人に生後1カ月半の息子を拉致された話7_4

 

隣人に生後1カ月半の息子を拉致された話7_5

 

隣人に生後1カ月半の息子を拉致された話7_6

 

京町家で赤ちゃんを育てている家があると気付いた野崎さん。

 

以前、嫁が産後うつで子どもを置いて逃げ出してしまった経験がある野崎さんは、布おむつが干してあるのを見つけ、「がんばっとるんやな……」と思いながらも、心配でなりません。

 

時折り赤ちゃんの泣き声が聞こえるものの、赤ちゃんも母親も姿を見ることがない。

 

「大丈夫かいな……心配やな……」

 

そんな経緯があり、野崎さんは星田さんの隣人である福島さんにお願いして、地蔵盆へ誘ってもらったのです。

 

「疲れた顔して来はったら……おせっかい焼いてまうわな」

 

そうつぶやいていると、赤ちゃんを抱いた星田さんがやって来て……。

 

次回最終話、ついに生後1ヵ月半の息子を取り戻した星田さんは!?
 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター星田つまみ

    6歳差元気兄弟の育児に日々奮闘中です!いっぱい怒っていっぱい泣いていっぱい笑った子どもたちとの日々を忘れないように、育児漫画を描いています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      そーか。こんな気持ちだったのか。たしかに預かるよって言っても見知らぬ人に預ける母親はいないと思うだからってね?十分な説明も無しに無理やり引き離すのはダメだと思う。。
      +132 -11

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    お子さまの写真
    投稿で当たる🎁

    ココをタップして
    ︎詳細を確認▶