「入院です…」とうとう明日から入院することに!…と思いきや、まさかの…!? #妊娠が超ハードだった話 7

「コロナ禍での妊娠が超ハードだった話」第7話。コロナ禍で妊娠したわこさん。持病にパニック障害があるうえ、コロナ禍による制限、つわり、おなかの張りなど、なかなか大変な妊娠生活に。そして前回の妊婦健診で、医師より早産の可能性をふまえ、自宅での安静を言い渡されました。そして今回は、それから2週間後の妊婦健診。苦手な採血や、NSTなどいろいろな検査がありました。

そしていよいよ、あることが理由で、入院することになりました……。

 

続きを読む

「コロナ禍での妊娠が超ハードだった話」第7話

コロナ禍の妊娠が超ハードだった話

※糖負荷試験……正式には、「75gOGTT検査(75g経口ブドウ糖負荷試験)」を受けました。

コロナ禍での妊娠が超ハードだった話 #7

コロナ禍での妊娠が超ハードだった話 #7

 

コロナ禍での妊娠が超ハードだった話 #7

 

コロナ禍での妊娠が超ハードだった話 #7

 

コロナ禍での妊娠が超ハードだった話 #7

 

コロナ禍での妊娠が超ハードだった話 #7

 

コロナ禍での妊娠が超ハードだった話 #7

 

前回の妊婦健診から2週間後の健診だったわこさん。今回は糖負荷試験、採血検査、NST(ノンストレステスト)を受けました。

 

炭酸も、採血も苦手なわこさんは、憂鬱で、受けたあとはぐったり。なんとか3回目の採決を終えて、エコー検査を受け終わると……。

 

「小脇さん、入院です」

 

と医師。

 

なんと、子宮頸管長が12ミリまで短くなっていたのです。(通常、25ミリ以下で入院と以前、説明を受けています。)

 

「このままだとすぐ生まれちゃう。」と、いったん帰宅して、明日の朝から入院を促されました。

 

しかし、次のNST(ノンストレステスト)を受けると、

 

「大変! おなかの張りが3分間隔になってる!」

 

と言われ、なんと、家には帰らず、このまま入院することに。

 

 

いきなり始まった入院生活。次回、急な環境の変化に戸惑ってしまいます。持病にパニック発作を抱えるわこさんは、はたして耐えられるのでしょうか……!?

 

 

監修/助産師REIKO

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターわこ

    30代よわよわ主婦。2020年9月に娘を出産し、夫と3人暮らしです。妊娠出産のエピソードや日々の出来事をInstagramやブログに投稿しています。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP