「ブラがぐちゃぐちゃ!」夫はできると思ってたのに!怒りがあふれた私は…

結婚後、私が体調不良で洗濯できなかったときに、初めて夫に洗濯をまかせたことがありました。そのとき洗ってもらったブラが、ふとみると型崩れ……。夫に確認してみると……。

 

続きを読む

体調を崩した私の代わりに夫が洗濯

私たち夫婦は結婚後家事の分担を、料理は私、夫は掃除、というように項目ごとに分けることにしました。その中で、洗濯は朝に余裕のある私が担当することになりました。

 

しかし、結婚からしばらくしたある日、私が体調を崩してしまい、初めて夫に洗濯を任せることになりました。私としては夫もひとり暮らし時代にずっと洗濯をしていたため、特に心配などはしていなかったのです。

 

ネットを使わず洗濯していたと発覚

その日の夕方、体調が戻った私は洗濯物を畳もうとしました。しかし、そのとき干されているブラジャーが型崩れしてぐちゃぐちゃになっていることに気づいたのです。そこで私はようやく、夫はブラジャーを洗濯したことがないため、ネットに入れるという知識がないことに気付きました。

 

また、そのほかにも、私がネットに入れて洗ってほしいと思っているアイテムについて夫に確認したところ、レース素材の洋服をネットに入れていなかったのです。

 

つまり、表示やポケットの中身もまったく確認していないことが判明。夫曰く、ひとり暮らし時代はその洗濯方法で特に困ったことはなかったということでした。

 

夫に怒るも知らなくて当然と考えを改める

私はお気に入りの下着を1つ台無しにされたことで、夫につい怒ってしまいました。しかしすぐに、男性がブラジャーの洗濯方法など知っているわけないのだから、怒ってもしょうがないと気付いたのです。

 

そこで改めてブラジャーの洗濯方法と、レース素材やニット系はネットに入れてほしいこと、色物と白物は分けて洗ってほしいこと、などを伝えました。また、自分が知っていることは相手も知っていて当然、という考え方をしていたことを反省したのです。

 

 

私は以前からドラマなどで、年配の男性が洗濯に慣れておらず、悪戦苦闘している様子などを見ており、洗濯が苦手な男性もいることは知っていました。しかし、夫は数年間ひとり暮らしを経験しており、洗濯も日常的におこなっていたため、自分の洗濯方法と比べてこんなにも差があることに驚きました。今後は私の知識を夫にも共有して、2人で服を長持ちさせられるような洗濯をしていきたいと思います。

 

著者/百田

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP