「どうすればいいの…!?」初めて見た息子の姿に困惑。そのワケとは…? #うちの子は手が出る 5

「うちの子は手が出る」第5話。Instagramで家族の日常などを描いたマンガを公開している2児のママである小熊猫ころりさんと保育園入園前の息子さんとの体験マンガです。息子のいっぺいくんが2〜3歳のころ、お友だちに手を出すことに悩んでいた小熊猫ころりさん。新しく訪れた子育て支援センターでもお友だちに手を出してしまういっぺいくん。しかし、そのときの子育て支援センターの温かい雰囲気に救われ、もっと息子と向き合おうと小熊猫ころりさんは何度もいっぺいくんに「言葉」で伝え続けました。

子育て支援センターの温かさに助けられ、より息子と向き合えるようになったのだが……。

 

続きを読む

初めて見る息子の姿に驚き

小熊猫 ころり うちの子は手が出る 5話

 

小熊猫 ころり うちの子は手が出る 5話

 

小熊猫 ころり うちの子は手が出る 5話

 

小熊猫 ころり うちの子は手が出る 5話

 

小熊猫 ころり うちの子は手が出る 5話

 

小熊猫 ころり うちの子は手が出る 4話

 

小熊猫 ころり うちの子は手が出る 5話

 

ずっと「手を出す側」でしたが、マホちゃんにバシバシ叩かれたいっぺい。

どんな気持ちだったんだろう。

 

「手を出される側」になった当時の私は、いっぺいにどんな言葉をかけたのか……。

割と重要なところだと思うんですが、残念なことに覚えてないんです……。

 

いっぺいが叫んだのは覚えてます。

これまでいっぺいに手を出された子の中には、こんなふうに叫びたくなるほどショックを受けた子もいたのかもしれないと思った出来事です。

 


初めて手を出された、いっぺいくん。

そのときのいっぺいくんの姿に驚いてしまった小熊猫ころりさん。

いっぺいくんも初めての出来事に驚いてしまったのでしょう。

この場合、大人はどんな言葉をかけるのが正解なのでしょうか……。

皆さんだったらどんな言葉をかけますか? 

<1話目からまとめて読む>:「うちの子は手がでる」連載トップページ

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター小熊猫 ころり

    いっぺい(2015年生まれ男の子)、にか(2017年生まれ女の子)、ぴんぴん(夫)と暮らすワーママです。 日常の出来事をInstagramに投稿しています。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP