「こんなの初めて…」突然、生理が激痛に!勇気を出して婦人科を受診すると…

生理中は少し体が重たい感じがあり、むくむ程度だった私。学生時代には、生理痛で苦しむ友人を見て「大変そうだなぁ」と人ごとのようにも感じていました。私の家族も生理痛は軽いほうだったので、これからも生理痛とは無縁の人生だろうと思っていたのですが……。

「まるで地獄…」経験したことのない痛みで婦人科へ。診断の結果は…!?

 

続きを読む

ふと下腹部に違和感

社会人になり会社で働いていたある日、いつものように生理がきました。これまで何度も経験している生理なので、とくに気にせず仕事をしていると、ふと下腹部に違和感を覚えたのです。

 

「今までこんなことなかったのにな」と少し不安を感じつつ、「生理中だから、ホルモンバランスの関係で体に変化が起こるのはしょうがないのかも」と思いながら、このときの生理期間を過ごしました。

 

今までと違う痛みに困惑…

そしてその後、生理中、仕事で接客をしていると、これまでとは明らかに違う下腹部の痛みを感じました。まっすぐ立っていることすらつらかったものの、仕事中だったので、前屈みの体勢になりながらも必死に笑顔をつくり、耐えるしかできなくて……。

 

生理痛で苦しんだ経験がなかった私にとって、それは地獄のような時間でした。あのときほど「鎮痛薬を持ち歩いておけばよかった」と思ったことはありません。仕事帰りにドラッグストアへ駆け込み、鎮痛薬を買って服用しました。

 

生理痛は我慢せず、婦人科へ

それ以来、私は鎮痛薬がないと耐えられないほどの生理痛に悩まされるようになりました。突然、生理症状が重くなったことを不安に思い、私は婦人科を受診することに。さまざまな検査をした結果、幸い大きな病気などは発見されずひと安心! 医師からは、「ストレスでホルモンバランスが崩れている恐れがある」ということを言われました。

 

婦人科では生理痛の対処法として、ピルをすすめられましたが、ドラッグストアで生理痛の専用薬が買えると教えてもらい、ひとまずそれで様子を見ることに。私にはこの生理痛専用薬が合っていたのか、薬を服用し始めてからは、生理痛に悩まされることはなくなりました。

 

 

「病気かな……?」と心配しすぎたことも結果的にストレスになり悪循環だったので、早めに婦人科を受診するべきだったと思っています。

 

ストレスで、生理の症状が変わることもあると知り、それまで以上に自分の体を大切にしようと感じました。生理中は、おなかを温めたり体を冷やさないようにしたりして対策するとともに、突然の生理痛に備えて薬を常備しておくことも大切だと思った体験でした。

 

著者/みどりここな
監修/助産師 REIKO

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP