医療 助産師REIKO 乳がん 妊娠 出産 病気・ケガ 産後

心配になった人も多いはず!妊娠・出産と乳がんの関係

22
乳がんは、40~60歳代の閉経前後の女性が多く罹る乳房の悪性腫瘍です。しかし、妊娠中や、産後まもなくに乳がんが発見されるケースも少なからずあります。妊娠中・授乳中は乳腺が発達するため確実な診断は難しく、なかなか診断が難しい乳がんですが、やはり日ごろからのセルフチェックが大切だと思います。

 

ベビーカレンダーをご覧のみなさん、こんにちは!助産師のREIKOです。

 

自ら乳がんであることを公表し、日々ブログを更新されている小林麻央さん。小林麻央さんも子育て真っ最中のママの1人ということもあり、「私は大丈夫かしら?」「もし、私も癌だったら・・・」と心配になったママも多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は妊娠・出産と乳がんについてお話ししたいと思います。

 

続きを読む

乳がんってどんな病気?

乳がんは、40~60歳代の閉経前後の女性が多く罹る乳房の悪性腫瘍です。厚生労働省の2015年の統計でも女性が罹る癌の中で割合が最も高く、乳がんで死亡する割合も癌全体の5位となっています。

 

乳がんが増加していることの背景には、食生活の欧米化や女性のライフスタイルの変化に伴う晩婚化・少子化が影響しているとの指摘もあります。

 

子育て中のママに当てはまる乳がんのリスクファクターとして、ご家族の中に乳がんに罹ったことがある方がいる、11歳以下で生理が来た、初めての出産が30歳以上だったなどが挙げられます。

 

妊娠と乳がん

妊娠中に乳がんが発見されるケースも少なからずあり、3,000人に1人の割合ともいわれています。

 

妊娠中でも乳がん検診を受けることは可能です。触診や超音波検査などはママにも赤ちゃんにも影響がないので行うことができます。しかし、妊娠中は乳腺が発達するため、確実な診断は難しいのが現状です。

 

もし万が一、妊娠中に乳がんと分かった場合、乳がんの進行状況と妊娠週数によって治療方針が変わってきます。乳がんと診断されても赤ちゃんを諦める必要はないといわれていて、中には手術や抗がん剤治療を行って、出産されたママもいらっしゃいます。

 

また、ママが乳がんであることが、おなかの中の赤ちゃんに直接影響を及ぼすこともありません。癌細胞が赤ちゃんにうつってしまうなんてこともありません。ただ、ママが行う治療の影響を受ける可能性はゼロではありません。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

医療の人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。