記事サムネイル画像

病室に駆け込む夫。仕事を優先した夫が、入院した妻に語った本心が衝撃的で…!? #夫が在宅勤務になりまして 12

「夫が在宅勤務になりまして」第12話。みほははさんの夫は帰宅が遅く、育児はみほははさん任せ。みほははさんが夫に不満をぶつけると、夫は休日に育児をするようになったもののお手伝いのスタンスにモヤモヤ……。ある日、体調を崩したみほははさんは病院で検査入院することに。すると今回の体調不良の原因は「日々の疲労」だと医師に言われます。さらに医師に「育児は夫に手伝ってもらうのではない。2人で一緒にやっていくものだと」と言われ、みほははさんは衝撃を受けました。

体調が悪いと伝えても仕事に行ってしまった夫。みほははさんのお母さんから連絡を受け病院に駆けつけました。はたして夫は、みほははさんの状況を知って、何を思うのでしょうか……?

病室で夫が妻にかけた最初の言葉とは

夫が在宅勤務になりまして12

 

夫が在宅勤務になりまして12

 

夫が在宅勤務になりまして12

 

夫が在宅勤務になりまして12

 

夫が在宅勤務になりまして12

 

夫が在宅勤務になりまして13

 

夫が在宅勤務になりまして13

 

夫が在宅勤務になりまして12

 

これまでも育児の大変さやつらさをみほははさんなりに伝えてはいるものの、夫にどこまで伝わって理解してもらえているかわからないし、悩みます。


「私が入院してる今、夫はどう思っているのだろう……。」

 

そのとき、夫が息を切らして病室へ駆け込んで来ました。夫のことを考えていたら、実際に目の前に夫が現れたのでみほははさんは目を見開いて驚きます。

 

「みほっ、ごめん」

 

病室へ入るなり夫は、「SOSを出されていたのにここまでとは思っていなかった。本当に申し訳ない」と、みほははさんに謝ってきました。さらに夫は続けて言いました。

 

「たくさん稼ぐことが家族のためだと思って働いていた」
 

「家族を幸せにしたいのに……」
 

夫の気持ちを聞いたみほははさんはジーンときます。みほははさんは、家事や育児がひとりで上手くできないことに追い目を感じていました。しかし夫は夫で、「一家の大黒柱」として必死だったということがわかったのです。

 

一緒に子育てをしていくためには、お互いの考えをもっと口にして、もう一度夫婦の在り方について話し合うべきだとみほははさんは考えました。
 

◇   ◇   ◇
 

言葉にしないと伝わらないこともありますよね。夫や家族とすれ違ってしまったとき、みなさんは思っていることを口に出して伝え、解決にむけて話し合っていますか?
 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターみほはは

    男の子ふたりの母。専業主婦だったが「お母さんでもきっとできることがある!」と一念発起し、フリーランスのイラストレーターとして独立。SNSでは子どもたちとの思い出や夫婦のことをテーマにマンガを公開している。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    4 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      旦那さんに何の葛藤も考えもなく SOSを奥さんは少ない。 だからこそ、助けを求めたときは限界かそれに近い。 大丈夫と思っていても、心身はもう限界なこともあるのだから、助けを求めた時点で大丈夫だと勝手に… もっと見る
      旦那さんに何の葛藤も考えもなく SOSを奥さんは少ない。
      だからこそ、助けを求めたときは限界かそれに近い。
      大丈夫と思っていても、心身はもう限界なこともあるのだから、助けを求めた時点で大丈夫だと勝手に判断しないで、素直にすぐに助けてほしい。心と体に一生不調が残るかもしれないとわかってほしい。
      仕事でもあらかじめ助けを求めてきた同僚を放置してるのだろうか。損害を確認してからでないと動かないんだろうか。
      +51 -2

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック▶︎