「手術の場合もあります」人ごとだと思っていた検査を、自分が受けることに…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 5

【卵巣のう腫赤裸々レポ 5】普段はイラストレーターとして活動している町田ねねこさん。今回ご紹介するのは、卵巣のう腫が見つかってから入院に至るまでのねねこさんの体験談をマンガ化したものです。

子宮頸がんの検診中、お医者さんが見つけたのは「左の卵巣の黒い影」でした。腫瘍と聞いて、驚いたねねこさんがお医者さんに「癌になる可能性もあるんですか?」と聞くと……。

続きを読む

医師の提案でさらに不安に

「手術の場合もあります」人ごとだと思っていた検査を、自分が受けることに…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 5

 

「手術の場合もあります」人ごとだと思っていた検査を、自分が受けることに…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 5

ほとんどの場合、腫瘍は良性だと聞いて、ねねこさんはホッとしました。
しかし、ねねこさんの卵巣に見つかった「影」が本当に卵巣のう腫だった場合は……!?

「手術の場合もあります」人ごとだと思っていた検査を、自分が受けることに…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 5

 

「手術の場合もあります」人ごとだと思っていた検査を、自分が受けることに…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 5

 

 

「手術の場合もあります」人ごとだと思っていた検査を、自分が受けることに…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 5

 

「手術の場合もあります」人ごとだと思っていた検査を、自分が受けることに…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 5

 

「手術の場合もあります」人ごとだと思っていた検査を、自分が受けることに…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 5「手術の場合もあります」人ごとだと思っていた検査を、自分が受けることに…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 5

 

「手術の場合もあります」人ごとだと思っていた検査を、自分が受けることに…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 5

 

「手術の場合もあります」人ごとだと思っていた検査を、自分が受けることに…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 5

 

「手術の場合もあります」人ごとだと思っていた検査を、自分が受けることに…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 5

腫瘍と聞き、不安になったねねこさんでしたが、お医者さんによると「卵巣のう腫」はほとんどの場合良性なので(癌になる)可能性は低い」とのこと。しかし、「良性であってもサイズによっては摘出する必要がある」と言われました。自分の卵巣に腫瘍ができているなんて、思いもしなかったねねこさん。卵巣のう腫は、初期の段階では自覚症状がないことがほとんどで検査をして初めて腫瘍があることに気づくことも多いんだそう……。

 

さらに、腸と子宮は位置が近いため「のう腫だと思っていたものが実は便の影だった」なんてこともあるそうで……。便通があまりよくないねねこさんはその言葉にギクリ! 先ほどおこなったエコーではその判別がつかないということで、お医者さんが提案してきたのはなんと、MRI撮影でした。これまで病気ひとつせず健康に過ごしてきたねねこさんは、MRI撮影という重いワードを聞き「大変なことになってきた…」と不安な気持ちに。MRI撮影なんて言われると、検査前からドキドキしてしまいますね。

 

監修/助産師REIKO

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター町田ねねこ

    北海道在住、20代後半のイラストレーター。 自身の卵巣のう腫体験談をマンガで綴っている。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP