記事サムネイル画像

「想定外!」ノリのいい担当医に驚きの提案をされ…!? #子宮全摘手術 3

【子宮全摘手術が決まるまで 第3話】普段は、フリーランスライターとして情報誌や企業会員誌などの記事制作をしている仁田茜さん。仁田さんは、子宮筋腫に起因する「過多月経」に悩まされ、26歳のときに子宮筋腫摘出手術、41歳のときに子宮全摘出手術を受けました。今回ご紹介するのは、仁田さんが経験された子宮全摘手術に至るまでのお話です。26歳で筋腫を摘出後、特に問題なく過ごしていたものの、35歳を過ぎたころに再び筋腫ができ始めました。かかりつけ医の提案で総合病院の受診を決めた仁田さん。そこで出会った医師はなんと……!?

26歳で筋腫を摘出後、特に問題なく過ごしていたものの、35歳を過ぎたころに再び筋腫ができ始めました。かかりつけ医の提案で総合病院の受診を決めた仁田さん。そこで出会った医師はなんと……!?

提案されたのは

「想定外!」ノリのいい担当医に驚きの提案をされ…!? #子宮全摘手術 3

 

「想定外!」ノリのいい担当医に驚きの提案をされ…!? #子宮全摘手術 3

 

「想定外!」ノリのいい担当医に驚きの提案をされ…!? #子宮全摘手術 3

 

「想定外!」ノリのいい担当医に驚きの提案をされ…!? #子宮全摘手術 3

 

「想定外!」ノリのいい担当医に驚きの提案をされ…!? #子宮全摘手術 3

 

「想定外!」ノリのいい担当医に驚きの提案をされ…!? #子宮全摘手術 3

 

「想定外!」ノリのいい担当医に驚きの提案をされ…!? #子宮全摘手術 3

 

「想定外!」ノリのいい担当医に驚きの提案をされ…!? #子宮全摘手術 3

総合病院での検査を終え、仁田さんの診療科が決定。検査結果や問診などから、今回は婦人科で診療を受けることになりました。そして、そのまま婦人科の医師を訪ねることにーー。

 

婦人科を訪れた仁田さんの前に現れたのは、若い男性医師でした。そして「次のお子さんを希望していないのであれば、子宮ごと取るのが一番オススメ」と、急に驚きの提案をされたのです! それも、仁田さん曰く「わが家に最適なプランを提案する携帯ショップの店員」くらいのノリだったそうで……。「子宮全摘出」は仁田さんにとって想定外の提案。あまりにもサラッと医師に言われ「生まれてからずっと共に過ごしてきた子宮を全部取るの……?」と仁田さんは混乱してしまいました。

 

監修/助産師REIKO

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーター仁田茜

    福岡在住のフリーランスライターで普段は、情報誌や企業会員誌などの記事制作している。 イラストを描くのが好きで、ご依頼に応じて記事に添えるイラストカットや図解、コミックエッセイなども描いている。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック▶︎