「涙がこぼれた」娘の発表会に間に合わない。助けてくれたのは… #子宮全摘手術 6

【子宮全摘手術が決まるまで 第6話】普段は、フリーランスライターとして情報誌や企業会員誌などの記事制作をしている仁田茜さん。仁田さんは、子宮筋腫に起因する「過多月経」に悩まされ、26歳のときに子宮筋腫摘出手術、41歳のときに子宮全摘出手術を受けました。今回ご紹介するのは、仁田さんが経験された子宮全摘手術に至るまでのお話です。

26歳で筋腫を摘出後、特に問題なく過ごしていたものの、35歳を過ぎたころに再び筋腫ができ始めました。かかりつけ医の提案で総合病院の受診を決めた仁田さん。そこで出会った医師はなんと……!?

続きを読む

不甲斐なさに涙が出て

「涙がこぼれた」娘の発表会に間に合わない。助けてくれたのは… #子宮全摘手術 6

 

「涙がこぼれた」娘の発表会に間に合わない。助けてくれたのは… #子宮全摘手術 6

 

「涙がこぼれた」娘の発表会に間に合わない。助けてくれたのは… #子宮全摘手術 6

 

「涙がこぼれた」娘の発表会に間に合わない。助けてくれたのは… #子宮全摘手術 6

 

「涙がこぼれた」娘の発表会に間に合わない。助けてくれたのは… #子宮全摘手術 6

 

「涙がこぼれた」娘の発表会に間に合わない。助けてくれたのは… #子宮全摘手術 6

 

「涙がこぼれた」娘の発表会に間に合わない。助けてくれたのは… #子宮全摘手術 6

 

「涙がこぼれた」娘の発表会に間に合わない。助けてくれたのは… #子宮全摘手術 6

長女のヘアメイク道具を準備していないことに寝る直前に気づいた仁田さんですが、副作用でつらかったこともあり、そのまま眠りについてしまいました。翌朝家中を探すも、ヘアメイク道具は見当たらず……。長女を先に会場へ向かわせお店を駆け回りますがお目当てのものが売っていません。「きっと不安に思っているだろうな」と長女の気持ちを想像すると、昨日準備をせず寝てしまった自分の不甲斐なさに涙が出てきて……。
 

そんなとき、携帯にLINEが! 長女の習い事仲間のママたちからでした。なんと、ヘアメイク道具がないことを長女から聞き「貸すよ!」と言ってくれたのです。しかも、仁田さんが会場に到着すると、長女の支度もすでにしてくれていて……。ママたちのやさしさを普段から感じていたからこそ、本当にどうにもならないとならないときだけ頼ろうと決めていた仁田さん。そんな仁田さんにママたちは自ら手を差し伸べてくれました。

 

副作用のことはもちろん、仁田さんが病院に行っていたことを知らなくても、なにも聞かず手助けをしてくれたママたちにとても感謝しているそう。我が子の晴れ舞台、周囲のやさしさも実感する出来事だったのですね。

 

監修/助産師REIKO

 


仁田さんのマンガは、このほかにもInstagramやブログで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪ 

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター仁田茜

    福岡在住のフリーランスライターで普段は、情報誌や企業会員誌などの記事制作している。 イラストを描くのが好きで、ご依頼に応じて記事に添えるイラストカットや図解、コミックエッセイなども描いている。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP