記事サムネイル画像

「刺した…!?」この人なんなの!?友だちの父親が息子にひどい言葉を浴びせ続け…。ママは思わず… #僕は加害者で被害者です 11

「僕は加害者で被害者です」第11話。小学2年の息子・フミヤが、小学校でお友だちを傷付けた聞き学校へ。理由はどうであれ、傷付けてしまったことを謝るよう促しますが、息子・フミヤは首を横に振って拒否。息子の様子にしびれを切らした相手の父親は、机を叩いて激昂します。

「どんな理由であれ手を挙げたほうが悪い!!」「刺しただろ!!」モリオくんの父親は息子を責め立て続け、鉛筆を振り回してできた傷ではなく、刺したと決めつけてきて……。

 

子どもを恫喝する相手の父親の言動にたまらず…

僕は加害者で被害者です11_1

 

僕は加害者で被害者です11_2

 

僕は加害者で被害者です11_3

 

 

僕は加害者で被害者です11_4

 

僕は加害者で被害者です11_5

 

僕は加害者で被害者です11_6

 

 

僕は加害者で被害者です11_7

 

僕は加害者で被害者です11_8

 

僕は加害者で被害者です11_9_1

 

刺したって……。何? この人。
さっきからまだ小学2年生の子どもに対して……。

 

モリオくんの父親のあまりにひどい言いがかりに、フミヤの母は怒りが込み上げます。

 

そして、「傷を負ったモリオとそれを聞いたうちの妻が、お前にわかるか!?」とさらに追い打ちをかけてきて思わず……。

 

「ちょっと待ってください!!」

 

フミヤの母は、モリオくんの父親を制止し、傷付けてしまったのは申し訳なく思っているが、息子に頭ごなしに謝れとは言えないこと、少なくとも何がいけなかったのか理解してから謝らないと何の意味もないと思うと伝えます。

 

「そしてすみませんが、傷もまだ見ていませんでした」

 

「私たちに傷、見せてくれるかな?」
 

フミヤの母は、モリオくんに、傷を見せてもらうようにお願いしたのです。

 

ヒートアップする相手を静止して冷静に話をしようと努めるフミヤの母。皆さんが同じような状況になった場合、どうやってその場を収めようとしますか? 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーター愛すべき宇宙人

    中学生の長女、小学生の長男、アラフォー夫婦の4人家族です!日常のクスッとした笑いやホロリと涙するエピソードをInstagram(@aisubekiutyu_jin)からお届けしています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    40 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      暴言吐いてるこの父親は
      親バカなんじゃない、バカ親だ。
      +111 -2
    • 通報
      謝りたくないって言ってるのに
      子どもを脅して口先だけの謝罪を
      させたところで本当に意味あるって
      思ってるんですかね。この父親は。
      わが子可愛さで何も考えず感情だけで
      暴走してこんな親だったら嫌だな。
      +117 -0
    • 通報
      お母さんは立派ですが、
      夫の暴走を止めない相手のお母さん、明らかに脅迫されている息子を守らないお父さん、児童が大人の男性から怒鳴られる暴行のを黙って見ている先生はみんな空気ですか?
      +188 -9

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →