記事サムネイル画像

「何か引っかかる…」息子に転ばされたと言う友だちに、先生が言い放った言葉とは… #僕は加害者で被害者です 13

「僕は加害者で被害者です」第13話。小学2年の息子・フミヤが、小学校でお友だちを傷付けたと聞き学校へ。お友だち・モリオくんの父親は息子がモリオくんを刺したと言い出しますが、実際に傷を見せてもらうと刺した傷とは確実に違いました。

そして、「あっ、そうそう!!そういえば俺、今日フミヤに転ばされたんだよ」とモリオくんが思いついたかのように言い出して……。「はあああ!? まさかほかにもやられてたのか!?」とまたもやモリオくんの父親が暴走を始めて……。

 

モリオくんの話を聞いて発言したのは…

僕は加害者で被害者です13_1

 

僕は加害者で被害者です13_2

 

僕は加害者で被害者です13_3

 

 

僕は加害者で被害者です13_4

 

僕は加害者で被害者です13_5

 

僕は加害者で被害者です13_6

 

 

僕は加害者で被害者です13_7

 

僕は加害者で被害者です13_8

 

僕は加害者で被害者です13_9_1

 

 

僕は加害者で被害者です13_10

 

僕は加害者で被害者です13_11

 

僕は加害者で被害者です13_12

 

 

僕は加害者で被害者です13_13

 

僕は加害者で被害者です13_14

 

僕は加害者で被害者です13_15

 

 

僕は加害者で被害者です13_16

 

僕は加害者で被害者です13_17

 

僕は加害者で被害者です13_18_1

 

「モリオくん、その話、先生何も聞いてないよ」

 

担任の先生は、それはいつの話で、今日の話し合いと関係あるのかとモリオくんに聞きました。

 

モリオくんの話では、モリオくんが友だちと走りながら体育館に向かっていたところ、前を歩いていたフミヤとぶつかったとのこと。

 

「思いっきりぶつかって転ばされたんだよね」
「後ろに転んだから本当に危なかったよ」

 

まるで、自分が被害者であるかのような口ぶりで話すモリオくん。
 

先生は、それはモリオくんが悪いと諌めます。

 

先生がちゃんと言ってくれたからよかったけれど……。
なんだろう、全てに違和感がある。

 

息子のフミヤは傷付けたことは悪いことだとわかっているし、怖い思いをしているのに、

それでも頑なに謝らない。

 

もっと何か深いものがあるのかもしれない、だとしたら息子としっかり向き合わなければ、とフミヤの母は思います。

 

そして、そのためにもモリオくんのお父さんの、空気に飲まれちゃダメだ!! と決意したのです。

 

頑なな息子の態度を見て、何かほかの原因があるのではと感じたフミヤの母。皆さんだったらどうしますか? 

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーター愛すべき宇宙人

    中学生の長女、小学生の長男、アラフォー夫婦の4人家族です!日常のクスッとした笑いやホロリと涙するエピソードをInstagram(@aisubekiutyu_jin)からお届けしています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    40 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      お母さんが負けない態度なの強い( ; ; )先生も話し合いに参加してくれて良かった。暴言も止めてもらいたいところだけど、止めるとヒートアップしそうだしむずかしいよな
    • 通報
      モリオ父は
      下手に刺激すると面倒臭そうだから
      少しずつ正論で崩してくしかないよなー…

      つか、モリオと父親の被害者意識がヤバすぎる。
      ぶつかったのは自分の方なのに
      転ばされたとか有り得ない…。
      +196 -3
    • 通報
      先生はモリオくんのお父さんの暴言は止めてくれないのかな?
      +177 -7

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →