記事サムネイル画像

「何枚貼るんだ…?」ついに抜糸!気づいたら私の体はテープだらけになっていて… #巨大卵巣嚢腫 14

【巨大卵巣嚢腫ができた話 第14話】普段は2人姉妹の母である、あね子さん。SNSで育児や日常の話を絵日記にして投稿されています。そんなあね子さんですが、実は子どものころ、良性の卵巣腫瘍ができたことが。巨大化したおなかに驚いた母が、「病院に行こう」と言い出し……。

【前回のあらすじ】無事に、卵巣嚢腫の手術を終えたあね子さん。入院中は点滴に怯えながらも、それなりに楽しく過ごしていました。その後は順調に体力も回復していき、いよいよ退院当日の朝を迎えます。

 

※最後に傷を描いたイラストがあります。苦手な方はご注意ください。

 

退院当日の朝、抜糸中に起きた出来事

「何枚貼るんだ…?」ついに抜糸!気づいたら私の体はテープだらけになっていて… #巨大卵巣嚢腫 14

 

「何枚貼るんだ…?」ついに抜糸!気づいたら私の体はテープだらけになっていて… #巨大卵巣嚢腫 14

 

「何枚貼るんだ…?」ついに抜糸!気づいたら私の体はテープだらけになっていて… #巨大卵巣嚢腫 14

 

医師が黙々と糸を抜いたりテープを貼ったりしているとき、「いつ終わるんだろう?」「何枚テープ貼るんだ……?」などと考えていたあね子さん。

 

ようやく作業が終わって見てみると、身体はテープだらけに。でも、きれいに貼られたテープを見て、「ああ、そっか。傷と同じ方向にテープを貼ったらダメなんだ。だから時間がかかったのね」と納得。

 

実物はイラストよりももっとキレイに貼られていて、「なんだか歯みたい」と思ったのだとか。

 

監修/助産師REIKO

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターあね子

    1985年生まれ、神奈川県出身。2010年に長女メイ子、2014年に次女マイちゃんを出産した2児の母。育児絵日記ブログ「いっちょまえ姉妹を育てています」運営。ドタバタ出産&育児コミックエッセイ「正直余裕はありません。」(出版/KADOKAWA)書籍化。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶