「ついに手術か」配偶者と2人で病院へ!でも新型コロナウイルスの影響で… #子宮頸がん検診で異常 5

【子宮頸がん検診で異常が見つかって手術した話 第5話】普段はパートナー2人暮らしをしながら、漫画を描いている津島つしまさん。そんな津島さんは、33歳のときに近所のクリニックで子宮頸がん検診を受けた際に、「がんの一歩手前ですね」と言われてしまい……。

【前回のあらすじ】精密検査の結果、「子宮頸部高度異形成(子宮頸がんになる一歩手前)」だと判明した津島さん。子宮頸部円錐切除手術(子宮頸部を円錐形に切除する手術)を受けることに。いよいよ手術当日になり……。

 

いよいよ手術当日!

「ついに手術か」配偶者と2人で病院へ!でも新型コロナウイルスの影響で… #子宮頸がん検診で異常 5

 

「ついに手術か」配偶者と2人で病院へ!でも新型コロナウイルスの影響で… #子宮頸がん検診で異常 5

 

「ついに手術か」配偶者と2人で病院へ!でも新型コロナウイルスの影響で… #子宮頸がん検診で異常 5

「ついに手術か」配偶者と2人で病院へ!でも新型コロナウイルスの影響で… #子宮頸がん検診で異常 5

 

この日は、入院してそのまま同じ日に手術。

 

病院に到着すると、まずは入院手続きから。その後は担当医の診察を受けて、病室に移動して……と、早い時間から手術に向けた準備が着々と進んでいきました。

 

ちなみに、このときは新型コロナウイルスの影響で、家族でも病棟に入ることを許可されなかったそうです。

 

つまり、お見舞いもNG。退院するまでひとりきりとは、なかなかさみしいですね。

 

 

「ついに手術か」配偶者と2人で病院へ!でも新型コロナウイルスの影響で… #子宮頸がん検診で異常 5

 

「ついに手術か」配偶者と2人で病院へ!でも新型コロナウイルスの影響で… #子宮頸がん検診で異常 5

「ついに手術か」配偶者と2人で病院へ!でも新型コロナウイルスの影響で… #子宮頸がん検診で異常 5

 

「ついに手術か」配偶者と2人で病院へ!でも新型コロナウイルスの影響で… #子宮頸がん検診で異常 5

 

その後は手術着に着替えて、腕に点滴を刺していざ手術室へ!

 

手術前なのにまったくプレッシャーを感じなかった津島さんは、初めての体験に「本物の手術室だ! すげー!」と感動する心の余裕すらあったそうです。

 

監修/助産師REIKO

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター津島つしま

    漫画家。2月生まれのインドア派。著書『夫は実は女性でした/講談社』。女性になったパートナーとふたりで暮らしています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶