お尻付近の感覚が麻痺。酸素マスクをつけるも過呼吸になってしまい…? #いくらの初産3750g出産レポ 24

【いくらの初産!3750g出産レポ 第24話】 アラサー主婦いくらさんの初めての出産をマンガで紹介します。

現在出産真っ只中。赤ちゃんが大きいため「吸引」をして産むと先生が言いました。それを聞いたいくらさんのお母さんは、心配になり「産まれるんでしょうか?」と聞くと、吸引をしてくれる先生は「吸引のプロ」だから大丈夫だと言うのです。


しばらくして、吸引の先生が分娩室へ到着。到着するなり、「おーやってるねぇ」と先生。そして「頭出かけてるよ! 頑張れ!」と言いました。さらに、「頭が出ても産まれないから。肩、出ないと産まれないから」と加えたのです。

 

赤ちゃんに酸素が届くように、酸素マスクをつけてもらういくらさん。しかし、ハァハァ言い過ぎて過呼吸になってしまい……?

 

いくらさん、会陰切開してもいいですか?

いくら24

 

いくら24

 

 

いくら24

 

いくら24

 

いくら24

 

 

いくら24

 

いくら24

 

いくら24

 

赤ちゃんはもうそこまで出てきているものの、肩が出るまでは生まれないと先生に言われたいくらさん。このころのいくらさんは、赤ちゃんが長時間産道で挟まっていたことによりお尻付近の神経が圧迫され、その周辺の感覚がなくなっていたのです。

 

赤ちゃんに酸素が届くように酸素マスクをつけてもらいましたが、ハァハァ言い過ぎて過呼吸に……。いくらさんは呼吸の難しさ、いきむときの呼吸止めの難しさに悩まされます。

 

先生に「会陰切開をしてもいいか」と聞かれたいくらさんは、「はい! 切ってください」と答えます。麻酔がチクッっとして、ジャキンジャキンと会陰を切る音が聞こえてきましたが、痛みにおそわれることなく無事に会陰切開完了。

 

会陰切開後、初のいきみに怯えるいくらさんでしたが、「しっかりいきまなきゃ……!」「次で産むんだ!」と気持ちを持ち直し、いきむ準備をするのでした。

 

◇   ◇   ◇

 

出産時の呼吸が特に難しかったという、いくらさん。バースプラン通りに麻酔を使用したことで、会陰切開は痛くなかったそうですが、吸引器具の挿入が痛かったそう。「次で産むからな!」という先生の言葉に皆で息を合わせます。みなさんは、出産時何が一番痛かったですか?

 

 

監修/助産師 REIKO

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターいくら

    作者(いくら)・夫(シャケ)の同い年夫婦と、2020年生まれの息子(おにぎり)の3人のおにぎり一家。Instagramで育児漫画、夫婦漫画、妊娠出産レポなどを投稿している。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶