「24万かけたのに!」美容医療も断念。生理前のニキビに悩み続けていたら…

28歳のとき、急に大きなニキビがポツポツと顔面にでき始めました。「今までニキビとは無縁の肌だったのにどうして? 少し疲れているのかな?」 と、そのときは軽く考えていました。しかし、それから生理前になると必ず大きなニキビが出現するように。メイクしても隠しきれず、次第に鏡を見るのが嫌に。それがどう改善したのかと言うと……。

「このまま治らない?」24万かけても治らなかった生理前ニキビが、ある物で改善!

 

皮膚科に通うも改善せず

まずは近所の皮膚科へ行き、塗り薬を処方してもらうことに。これで治る!と安心したのも束の間、塗り薬が私の肌に合わず、ヒリヒリとした痛みを感じ、荒れてしまいました。医師に相談して、何度か薬を変更してもらいましたが、自分の肌に合うものがなかなか見つからず、結局改善することができませんでした。

 

「皮膚科に行っても治らない……。このままずっとニキビと付き合っていかなければならないのか……」 と絶望したことを覚えています。

 

美容医療に24万円かけたけれど…

今度は毛穴ケアや角質ケアでニキビを治そうと考え、美容医療に1年半で24万円を費やしました。「高すぎる」 と思われるかもしれませんが、当時は1日でも早くニキビを治したい一心で、藁にもすがる思いだったのです。

 

値段は高額でしたが、幸い効果を感じることができ、一時的にニキビは落ち着きました。

 

しかし、定期的に施術を受けないとまたニキビができてしまい、ずっと高額な施術を受けることは現実的ではないなと判断し、途中で断念することに……。

 

思わぬアイテムでニキビが改善

もっと経済的でニキビに効果のある方法はないか……と、インターネットで調べていたところ、市販の「生理前のニキビ専用飲み薬」 があることを発見。これまで私は外側からのケアしか頭になく、飲み薬など内側からのニキビケアについて考えたことがありませんでした。

 

「内側からのケアは効果が出るまでに時間がかかりそうだし、本当に効くのかな?」 と半信半疑でしたが、試してみることに。すると、使用からたった2週間で今までの苦労は何だったのかと拍子抜けするほどニキビができなくなったのです。

 

 

これまで生理前ニキビを治すため、皮膚科に通ったり、美容医療を試したりと3年間試行錯誤をしてきました。結果、私の場合は盲点だった、「生理前のニキビ専用飲み薬」による「内側からのケア」 が一番効果的でした。お財布にもやさしい解決方法を見つけるまでは大変でしたが、今では生理前でもツルツルの肌で過ごすことができています!

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

著者/葉月春乃
監修/助産師 REIKO

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶