「え、どうなってるの!?」なかなか寝ない娘の顔をのぞくと、下まぶたがひっくり返っていて…【体験談】

ある日、なかなか布団で寝ない娘を抱っこひもに変えて寝かしつけることに。すると私の胸に顔を擦り付ける娘。「もう少しで寝るかな?」と思いながら、娘の顔を見ると、なんと下まぶたがひっくり返っていて……。

抱っこひもで寝かしつけていると…

娘が1歳4カ月のときの話です。その日は昼寝が長かったせいか、21時になっても眠れずに娘はグズグズしていました。私は布団で寝かせるのをあきらめ、抱っこひもで寝かしつけることにしました。

 

しばらく抱っこひもで揺れていると、娘はだんだんと眠くなってきたようで、私の胸に顔をこすりつけ始めました。娘は眠る直前に左右に首を振りながら毛布や私の胸にゴシゴシと顔をこすりつける癖があるので、このときは「あぁ〜。やっと寝てくれる」と思っていました。しかし、このあと予想をしていなかった事故が起こるのです。

 

娘の下まぶたはひっくり返り、出血

「なかなか寝ないなぁ」と、ぱっと娘の顔を見ると、娘の左目の下まぶたがぐりんとひっくり返っていました。あっかんべーをすると見える薄ピンクの粘膜が、飛び出して真っ赤に腫れて目の半分を覆っているのです。私はパニックになり、お風呂に入っていた夫に助けを求めました。

 

夫に状況を説明して相談ダイヤルに電話をしようとしたとき、娘の目から血が流れ始めたため、これは緊急だと判断し救急車を呼びました。すぐに来てくれた救急隊員さんもあまり見ない症例だったようで、受け入れてくれる病院を探すために電話をかけてくれたのですが、なかなか状況が伝わりません。

 

 

ひっくり返った下まぶたは…

やっと見つかった少し遠い病院へ運んでもらい、小児科の先生の診察を受けることができました。幸い出血は目からではなく下まぶたからですでに止まっており、まぶたのひっくり返りは形成外科の先生が、その場で手で押して戻してくれました。翌日、かかりつけの眼科で眼球に傷がないことも確認してもらいました。

 

今回の事故の原因は、私が着ていたパジャマのボタンに下まぶたが引っかかってしまったことでした。娘に痛くて怖い思いをさせてしまったことを本当に申し訳なく思います。 次の日すぐに私も夫もボタンやその他装飾が付いた洋服はクローゼットの奥底に封印しました。

 

 

よく考えればボタン付きの服に顔をこすりつけることの危険性は予想できたはずです。この体験をきっかけに、娘の身の回りの危機管理を今まで以上に意識するようになりました。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

監修/助産師 REIKO


著者:望月 純菜

2022年に生まれた女の子のママ。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    医療の新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶