記事サムネイル画像

「けいれんしてない…!?」寝ようとしていたら子どもが急に震え始めて… #熱性けいれんで救急車3回よんだ話 1

「熱性けいれんで救急車3回よんだ話」第1話。そらさんの息子ふたばくんが1歳半〜2歳10カ月の間に4回起こした熱性けいれんの話を紹介します。

子どもの熱性けいれんについて

そら1

 

そら1

 

そら1

 

 

そら1

 

そら1

 

そら1

 

そら1

 

 

そら1

 

そら1

 

そら1

 

そら1

 

 

そら1

 

そら1

 

 

そら1

 

そら1

 

そら1

 

1度目のけいれんは1歳半のときでした。昼間は元気に遊んでいたのに、夜中は泣きながら起きたふたばくん。

 

そのときはウトウトしていて眠そうだと思っていたのですが、今思えば「眠そう」ではなく「ぐったり」していたのです。その後、夫がベビーモニターの様子を見ると、けいれんしている姿が!

 

熱を測ってみると37.5度。意識を失ってから5分ほどで目を覚ましました。そして、経口補水液をたくさん飲ませると、すぐに寝た様子。

 

この日は土曜日だったので、このまま家で様子を見ることにしたのですが、ここから長い夜が始まるとは思いもしていませんでした。
 

◇   ◇   ◇

 

一般的に、生後6カ月〜5歳ごろの発熱時に起きるけいれん発作を「熱性けいれん」と言います。小児神経学会によると、子どもの脳は熱に敏感で、風邪などの熱でもけいれん発作を起こすことがあるそうです。

 

そらさんは、子どもの様子が違うときは検温が大事だと反省点としてあげています。頬が赤かったり、抱っこをしていつもより体温が高いなと思ったりしたときは体温を測って熱がないかを確認することも大事ですね。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターそら

    まん丸たれ目がトレードマーク、2019年1月生まれの息子・ふたばの母。30代、デザイナー兼イラストレーター。子育てのなかの癒やしをブログやSNSで発信しながら、夫とふたばと3人暮らしを満喫中♪

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶