「綿棒浣腸すると自力で排便できなくなる」は間違い!?助産師が教える乳幼児の便秘対策とは?

助産師・国際ラクテーションコンサルタントの榎本さんが乳幼児の便秘対策について教えてくれました。赤ちゃんの便秘に悩んでいるというママやパパも多いですよね。実はNGな便秘対策をしてしまっていることもあるかも……!?

この記事の監修者

助産師榎本美紀
国際ラクテーションコンサルタント・おむつなし育児アドバイザー

2001年に助産師免許取得後、杏林大学医学部付属病院・さいたま市立病院・順天堂大学練馬病院の勤務を経て、2013年に埼玉県さいたま市に訪問型の助産院「みき母乳相談室」を開業しました。病院勤務での経験を元に、母乳育児支援の国際ライセンスである国際ラクテーションコンサルタントとして、地域の母乳育児を支援しています。訪問時の相談は、母乳だけではなく離乳食や抱っこひも、スキンケア、寝かしつけなど多岐にわたることも。また、おむつなし育児アドバイザーとして、トイレトレーニングなどの相談も受けています。自身も一児の母として奮闘中です。

赤ちゃんの便秘については、悩んでいるママは多いかと思います。便秘の改善のために色々やっているけど実はNGなことについてお話ししていきます。

 

続きを読む

赤ちゃんの便秘は離乳食期から始まることが多い?

今、日本の子ども(3歳〜8歳)の約20%(5人に1人)が慢性便秘といわれていて、子どもの便秘が深刻な問題として注目されています。これは、赤ちゃん時代から始まっていることが多いそうです。便秘は、特に離乳食が始まるころに多くなります。

 

離乳食が始まって固形物を食べるようになると、だんだん固形に近いうんちになっていきます。このころには、腸にうんちをためられるように機能が発達してきます。しかし、硬い便が続いて、排便時に肛門が痛かったという思いをすると、排便が怖くなったり、いきむのをしなくなったりして、便秘につながっていくのです。

 

赤ちゃんの便秘とは?

生まれたばかりの赤ちゃんは、うんちを腸にためる機能が未発達なので、母乳や育児用ミルクを飲むたびに腸の働きの反射でうんちが出ます。生後1カ月ころから、大腸に少しずつためられるようになり、排便回数も少しずつ減っていくといわれていますが、個人差が大きいです。

 

赤ちゃんに多い便秘は、食事量や水分の不足が原因の大腸性便秘よりも、おしりの出口付近でうまく出せずにたまってしまう直腸性便秘が多いといわれています。便が長時間たまると、硬くなって出しづらくなったり、臭いがきつくなることがあります。

母乳や育児用ミルクを飲んだり、離乳食を食べて大腸が動いてうんちを押し出そうとしても、出口付近の直腸に硬い便があると押し出せずに、不快や痛みを感じて不機嫌になったり泣いてしまうこともあります。

 

排便は1日1回が良いですが、自然に排便が出る状態で、3日に1回ぐらいまでならあまり気にしなくてよいといわれています。しかし、3日に1回の排便が1カ月以上続いたり、臭いうんちが続いたり、排便するときに長時間(3分以上)苦しそうにいきんで出すようであれば注意が必要です。便秘がひどくなると排便するときに肛門が切れて出血してしまうことなどもあります。3日以上便秘が続く際には「たかが便秘」と思わずに、かかりつけの病院を受診しましょう。

 

便秘の対処法や受診するタイミングは?

おなかのマッサージや水分や食事量を増やしたり、乳製品など腸の動きを良くする食品を食べても、赤ちゃんの便秘は改善されないことがあります。直腸に便をため過ぎないように、排便のサイクルをつくることが大切です。

授乳や離乳食の後や、おならがあったり、いきみはじめたり、腸が動く音が聞こえたら、縦抱きにしたり座らせたりして腹圧をかけやすくします。 便を出しにくそうな場合は、おむつを外したり、おまるやトイレに支えて座らせたりするとすっきり出せることがあります。

 

2日以上出なかったり、おなかが張っている感じがあれば、綿棒浣腸で直腸にたまった便を出すようにしてあげましょう。よく言われている「綿棒浣腸が癖になって、自力で出せなくなってしまう」ということはないといわれています。むしろ、便が出ない状態が続き便秘が悪化してしまうと、下痢状の便が漏れ出てしまったり、自分が知らない間に失禁してしまうなど様々なトラブルが起こる可能性があります。綿棒浣腸を行うなど自宅でできるケアを早めにしてあげることが大切です。

 

綿棒浣腸の方法

綿棒浣腸の方法は、ワセリンやベビーオイルなどを綿棒の綿の部分につけ、肛門に綿の部分を1〜2cm挿入し、肛門を外側に少し押し広げるように圧をかけながら円を描くようにゆっくりと数回綿棒を回します。

 

上記を試しても、排便が3日以上なく、授乳や食事後に吐いてしまう、おなかが張って苦しそうで機嫌が悪いなどあればかかりつけ医を受診ましょう。

 

まとめ

赤ちゃんの時期に便秘になっても、成長・発達と共に改善していくこともあります。3歳ぐらいまでには排便のリズムをつけておくことが大切といわれています。 色々工夫しても改善がみられない場合は、早めにかかりつけの小児科医に相談してみてもいいかと思います。

 

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    ママトピの新着記事

  • PICKUP