「出かける前はなかったのに…」家の前に置かれた謎の荷物に嫌な予感がして… #困った住人 24

「困った住人 」第24話。ある日突然、ポストに苦情の手紙が入っていたつむ田さん。手紙には「うちの庭に女の子の人形が落ちてきました。非常に迷惑です。ベランダに子どもを出さないで、ちゃんと子育てしてください」そう書かれていました。

そして、手紙は相変わらずつむ田さんのマンションのポストに投函され続け、その内容は日に日にエスカレートしてきます。

差出人も分からず、つむ田さんの心は確実に疲れ切っていきました。

 

そんなある日、またポストに手紙が……!

 

その日の手紙の内容は「非常識親子出て行け」というショッキングなものでした。

 

次の翌朝、手紙のことが気になり、急いでポストのほうへ向かうつむ田さん。

 

すると、ママ友達とおしゃべりをしていたはずのトナリさんが、つむ田さんの後を追いかけてきたのでした。

 

この手紙がキッカケとなり、トナリさんを怒らせてしまうのですが、キヨワさんが間に入ってフォローをしてくれたお陰で、事態はなんとか収拾。

 

トナリさんが犯人に向けて書いた手紙が掲示板に貼られたことで、トナリさん自身も納得し、怒りが収まったのでした。

 

そしてその翌日、つむ田さんの家のポストには、謎の手紙は入っておらず――。

 

安堵するつむ田さんですが、家の目の前に謎の段ボールが置いてあって……!?

 

家の前には謎の段ボールが! 何となく嫌な予感がして…

困った住人 23

困った住人 24

 

 

困った住人 24

 

困った住人24

困った住人 24

 

 

困った住人 24

困った住人 24

困った住人 24

 

 

困った住人 24

嫌な予感がしながらも、段ボールを開けるつむ田さん。

 

すると、段ボールの中には人形とお菓子のゴミに加え、

「お返しします。早く出て行ってください」

という手紙が入っていたのです。

 

(娘が疑われている……。このままじゃ危ないかもしれない)

 

そんな不安が頭をよぎったつむ田さんは、

マンションの管理会社に思わず電話することに。

 

「家の前に段ボールが……。いや、でも……そうですか」

 

しかし必死に事情を話しても、マンションの管理会社の対応は

どこか他人事のような対応でした。

 

「じゃあ気持ち悪いんで、

段ボールだけそちらで引き取ってもらえますか?」

 

それだけ伝えると、電話を切るつむ田さん。

 

(結局、火に油を注いだだけで終わった……)

 

つむ田さんは何も解決していないことを痛感。

 

ただただぼう然と立ちつくのでした。

 

 

手紙がポストに入っているだけでも気分が悪くなってしまうのに、段ボールとなるとより一層不気味さが増してしまいます。しかし、段ボールに入っていた人形は、つむ田さんの家の物ではないので、どうにか誤解が解けるといいですね……。皆さんはどう思いましたか?

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターツムママ

    息子とパパと家族3人で暮らしているお絵かきママ。インスタグラム、ブログ【ツムママは静かに暮らしたい】で「長男の嫁ってなんなの?」などを連載中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    45 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶