「私の体重支えられる…?」まさかの寝床は子ども用のベッド!? #ババアは健康になりたい 16

「ババアは健康になりたい」第16話。アラフォーに片足を突っ込み始めたババアさんのマンガを紹介します。坐骨神経痛を患ってしまったババアさん。座り仕事なことと娘が下半身に乗って寝ていたことが原因だと思ったそう。ババアさん一家の睡眠環境とは一体……!?

この記事の監修者

医師中村 光伸先生

光伸メディカルクリニック院長。医学博士。整形外科医の知見から骨の仕組み、体の動かし方を活かした骨のトレーニングを提唱する骨の専門医。骨の強化と全身の機能回復を両立する「骨たたき」を考案。若々しい体を取り戻す「リバースエイジング」の専門家としてメディアにも多数出演。著書に『医者が考案した骨粗しょう症を防ぐ1分間骨たたき』(アスコム)。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
0 クリップ

 

坐骨神経痛を患ってしまったババアさん一家の睡眠環境

#ババアは健康になりたい16

 

#ババアは健康になりたい16

 

#ババアは健康になりたい16

 

 

#ババアは健康になりたい16

 

#ババアは健康になりたい16

 

わが家は娘が生まれる前に、0歳から3〜4歳まで使えるというキッズベッドを買いました。

 

赤ちゃんのころはお世話しやすい高さに、大きくなってからは大人のベッドと同じ高さにして添い寝に、と調整しやすい設計のベッドでした。なので娘が生まれてからの4年間、このベッドは大活躍!

 

3〜4歳まで使えますという商品説明の通り、当時4歳だった娘も収まるサイズ。なのにはみ出て私の上に乗ってくる娘。さらには私を乗り越えて夫が寝ているところまで進出していました。

 

もはや夫の寝る場所も奪われつつあるので、夫は頭を逆に向け寝るように……。川の字ならぬZ字になって寝ていました(笑)。

 

娘の寝相が悪いので、私は下半身をキッズベッドのほうに預けて寝ています。でもこれ……耐荷重大丈夫なのか!? いつか壊れそうでヒヤヒヤしていました。

 

ベッドが壊れないか心配しているとしっかりと寝返りもできないので、腰に大きく負担がかかっていたようでした。

 

だからといって大人用ベッドに3人並んで寝るのは難しく、布団も腰の悪い私には無理そうなので、寝室のレイアウトに悩んでいました。

 

ー--------------

 

子どもが大きくなってくるとどう寝るか考えなくてはいけなくなりますよね。皆さんはどんなふうに寝室作りをしていましたか?

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターババア

    3歳児を育てているババア。一応、管理栄養士である。ブログ「ババア、育児をする」では、ミレーナ体験のほか、管理栄養士としての食事のアレコレや育児のオススメ情報、くだらない日記なども公開中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶