「ごめん!」遠距離の彼とのデート日なのに生理…すると彼が予想外の発言!?

私は以前、お付き合いしている彼と遠距離恋愛をしていました。1カ月ぶりに会えるという機会に私が生理になってしまい、がっかりさせるかもと不安になったのですが、そんなときに彼のやさしさを感じた話です。

 

明日は念願のデートなのに…

以前お付き合いしていた彼は東京に住んでおり、私は京都に住んでいたため、遠距離恋愛をしていました。そのため、月に一度しか会えない分、デートは全力で楽しみたいと思っていたのです。

 

とあるデートの前の日、生理が始まってしまいました。そろそろ生理がくることはわかっていたのですが、あと数日後かなと思っていたのでデートの日には被らないと思っていたのです。

 

「せっかくのデートなのに、体が重くなってしまうし、性交渉もできないなぁ……」と落ち込むことしかできませんでした。

 

「彼にどのタイミングで生理を伝えよう…」

デート当日、久々に会った彼は「会いたかった~!」と笑顔で駆け寄ってきてくれました。彼がうれしそうだったので私も余計うれしくなったのですが、それと同時に「今日生理なの」と言うとガッカリされるんじゃないかと怖くなったのです。

 

彼と会っていない期間の話をしているときも、食べたかったスイーツを食べているときも、もちろん楽しかったのですが、頭の中では「ガッカリさせちゃうかな、いつ伝えよう」という悩みが消えませんでした。

 

そう考えているうちに、私の様子がおかしいことに気づいてくれたのか、彼が不意に「今日調子悪い?」と言葉をかけてくれたのです。

 

彼の包容力に救われる

「今日調子悪い?」と彼に聞かれたからには素直に答えるしかありません。「実はね、今日生理なの……」。恐る恐る私がこう答えると、「そうやったのね! 生理なのに外連れ回しちゃって大丈夫だった?」とやさしい言葉をかけてくれたのです。

 

「うん。でも、夜エッチできない……ごめん」。私が気にしていたことを伝えると、「そんなこと謝ることじゃないよ! それより今日は一緒にゆっくりしようね」と温かく受け入れてくれたのでした。

 

 

このエピソードをきっかけに、彼への信頼度や好意がより一層大きくなったのですが、今になって考えると、生理だからと文句を言うような男性なら、そもそも私は好きにならなかっただろうなと思います。毎月生理と付き合っていく中で、私としては理解を示してくれる男性が理想なんだなと気づくことができました。

 

著者/橘純香
イラスト/かたくりこ
監修/助産師 REIKO

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶