「大丈夫か!?」授業中に先生が119番通報!私を突然襲った悪夢とは?

中1で生理が始まったときから、腹痛、腰痛、経血量の多さに悩まされてきた私。高校生になるとさらに症状が悪化しました。それでもどうにかこらえてきたのですが、とうとう目に見える形で症状が現れてしまって……。

「大丈夫か!?」授業中に先生が119番通報!私を突然襲った悪夢とは?

 

最初からひどかった生理痛

私が初潮を迎えたのは中学1年生のとき。最初から腹痛、腰痛、経血量の多さに悩まされました。冬の寒い日になると、体の冷えに伴って腹痛や腰痛が悪化することも。

 

しかし、思春期ならではの恥ずかしさもあって、私は周りの友人や母親に「生理がつらい」となかなか相談できませんでした。そんな中、生理の日には鎮痛薬を飲んだり、冷えないように使い捨てカイロでおなかを温めたり、腹巻きをして寝たりなど、自分なりに考えて生理痛対策をとっていました。

 

高校生になると症状が悪化

高校生になると、さらに症状はひどくなっていきます。

 

生理2日目を迎えたある日のこと。ひどい生理痛に耐えながら授業を受けていたら、突然、額から冷や汗がダラダラ出てきて止まらなくなりました。「このままじゃヤバイかも……」と思った私は、保健室に行こうと椅子から立ち上がりました。そして歩き出した途端、意識がふっと飛びそうになってそのまま転倒! 慌てた先生が救急車を呼んで、病院に運ばれてしまったのです!

 

搬送先の内科で処置してもらい、採血もした結果、経血量が多かったために貧血を起こしていたことが原因であると判明。「倒れるほどひどいんだ」と驚きましたが、自分の体について知る機会を得られたのはよかったと思います。

 

 

倒れたあとしばらくは、生理がくるびに慎重に体調をみていましたが、今でも寝込んでしまうほどに生理痛がひどく、症状は改善しないまま。以前と変わらず、生理のときには体を冷やさないようにしたり、鎮痛薬を飲んだりしています。加えて、現在は子どもがいるため、寝込んで育児に支障がないよう、貧血の薬を内服するようになりました。

 

監修/助産師 REIKO
文/かみかむさん

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶