「え〜と、これは…」不妊治療クリニックで内診を受けると、驚きの事実が判明し…!?

妊活を始めて1年が経った33歳のとき。年齢のことも考えて「次の生理がきたら不妊治療を始めよう」と決めていました。1カ月後、切望していた妊娠が叶わず生理がきてしまったので、不妊治療専門のクリニックを訪れたところ……。

「え〜と、これは…」不妊治療クリニックで内診を受けると、驚きの事実が判明し…!?

 

妊活を始めて1年が経っても妊娠せず…

結婚して4年目、32歳で妊活を始めて1年が経ったころの出来事です。

 

これまでずっと生理に無頓着だった私。基礎体温どころか、自分の生理周期すらちゃんと把握していませんでした。妊活を始めるにあたって記録をつけてみると、私の生理周期は23~24日と短いことが判明。

 

はっきりと数字で知らされた自分の体。「これで大丈夫なのか?」「妊娠できるのだろうか……」と不安が尽きません。このときの私は33歳。年齢のこともあって焦りを感じていました。

 

排卵検査薬を使ってタイミングをとる方法を1年トライしたものの妊娠せず……。「次に進むことを考えたほうがいいのかも」と思った私は、「来月、生理がきてしまったら不妊治療を始めよう」と決心しました。

 

不妊治療専門クリニックに行くと…

「できていて!!」という私の切実な願いも届かず、翌月、出血がありました。仕方ありません。出血から7日後、かねてより決意していた不妊治療クリニックを訪問しました。血液検査と尿検査による初期検査を受け、それから11日後にドキドキしながら結果を聞きに行くと、内診していたドクターが私に驚くべき言葉を告げたのです!

 

「ん? あれ? え~と……。これ、妊娠してますね。ここに赤ちゃんの袋が見えますよ」と。

 

思わぬ展開に、私は目が点! にわかには信じがたく、医師から妊娠検査薬をもらって使ってみると、そこには2本線がくっきり出ていたのです!! ここまでしてようやく妊娠を実感できた私。医師に「おめでとうございます。では、ここじゃなくて産婦人科に行かれたほうがいいですね」との温かい言葉をいただきました。

 

「これから治療を始めるんだ!」と、覚悟を持って検査結果を聞きに訪れたその日に、予想だにしていなかった形で明らかになった妊娠。うれしくありながらもとてもビックリした出来事でした。

 

 

今振り返ると、生理だと思っていたのは着床出血だったのかもしれません。医師に「いつもの生理と何か違わなかった?」と聞かれましたが、普段から生理周期が短くて経血量も多くない私にしたら、特に違いを感じられなくて首を傾げるばかり。てっきり生理だと思っていました。着床出血は少量で期間も2~3日程度と聞きますが、生理と間違えるようなケースもあるのですね。本当に人それぞれだと思いました!

 

監修/助産師 REIKO
文/新井えりさん

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶