「普通じゃない!?」温泉への家族旅行。思わぬことで夫にガチギレされてしまい…

実家の両親と私たち夫婦で旅行に行ったときのことです。温泉付きホテルに泊まることになり、私たち夫婦の部屋と両親の部屋は別に取っていました。そして、ホテルには目玉である3種類の温泉があったのです。そして、この温泉が今回のトラブルの元になりました。

 

久々の温泉を2時間満喫した私

ホテルに到着し、両親と一緒に夕食をとった後、「自分たちの好きな時間に温泉に入りたいからここで解散にしよう」という流れになりました。そのホテルは男女別の温泉のみだったので、私は夫に「じゃあ、上がったら部屋に戻るね」と声掛けして別れ、ひとりで温泉に入りに行きました。

 

最初は「温泉3つあるけど、1種類だけでいいかな」と思っていたのですが、久々の温泉は予想以上に気持ち良く、たいへん癒されました。「やっぱりせっかくの機会だし3種類全部入っちゃおう!」と思い直した私は、次の温泉に浸かりに行きました。そして、合計2時間くらいかかって、すべての温泉を満喫しました。

 

「遅くて心配した」と言う夫に困惑する私

2時間後に部屋に戻ると「ちょっと!遅いよ!」とものすごい剣幕の夫に詰め寄られました。夫いわく「温泉に2時間もかかるなんておかしい」「電話をかけても出ないから事件に巻き込まれたのかもしれないと思った」「両親の部屋に行って妻の行方を知らないか聞いたけど知らないと言われた」とのことでした。スマホを見ると、たしかに夫からの着信履歴が。温泉に入っている間まったくチェックしていませんでした。

 

しかし、私は「着信見てなかった。ごめん」と謝りながらも、「ええー!でもたった2時間でそんなに心配する?親にまで聞きに行く?」と驚きの声を上げました。温泉に2時間かかったことからそこまでの心配に発展する夫の感覚が全然理解できなかったのです。

 

夫婦の「普通」の感覚が違っていた

たしかに私が普段お風呂に入っているのは45分くらいです。しかし、今回は普通のお風呂ではなく温泉。「のんびり入れば2時間くらいかかっても普通だし、夫もその感覚をわかっている」と思い込んでいました。

 

ところが、夫にその感覚はありませんでした。たとえ温泉でも体を洗って10分くらい湯に浸かればOKなのが夫の普通の感覚で、温泉だからといって2時間かかるなんてあり得ない。対照的に、たまの温泉に来たのならのんびりゆっくり時間をかけて入るのが私の普通の感覚。そんな2人の普通の感覚のギャップが浮き彫りになった事件でした。

 

夫の不安から心配をかけてしまった両親には「温泉にたくさん入って時間がかかっていただけ」と説明し、その場は丸く収まりました。

 

 

最初は「温泉で2時間過ごすくらい普通なのに何で夫は驚くのかな?」と疑問に思っていました。しかし、同じ温泉でも「堪能したい派」と「お風呂と変わらない派」では「普通」の時間感覚が違うとわかった一件でした。こういったトラブルを避けるために、その後はどこかへ行くたびに「買い物してくるね。4時間くらいかかるね」など所要時間を一言添えるようにしてます。

 

著者/ココロナナコ
イラスト/かたくりこ

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶