自分の中の陣痛メーターは既にMAX状態!限界を感じながらも分娩室へと必死に向かい… #初産分娩3時間のお産 10

「初産分娩3時間のお産」第8話。1児のママ、yasuco(@yas_uco)さんが2017年に娘さんを出産したときの体験談をつづっています。初産で分娩時間3時間だったことから、周りからは「安産で良かったね!」と言われたyasucoさん。しかし、実際の出産は思っていた以上に大変で……!?

出産予定日を8日後に控えた日の深夜。

 

突然破水したyasucoさんは、旦那さんと一緒に病院へ向かいます。

 

病院に到着し、事情を話すと、陣痛室へ案内されるyasucoさん。

 

破水していることを助産師さんが確認すると、その場で入院が決まったのでした。

 

「内診の前にお手洗いに行っておきましょう」と提案されると、yasucoさんは痛みに耐えながらも、トイレに行くことに。

 

トイレから戻ると、「内診の準備をしてくるから」と助産師さんに言われ、少し待つことに。

 

しかし、“どぅくん!!”と音がすると、突然痛みが変化したのです。

 

「うんちしたい感じかもです」

 

ストレートにそう伝えると、内診は分娩室ですることになり、「ご自分で分娩室まで行きましょう!」と次なるミッションが与えられました。

 

陣痛を必死に耐えながらも、yasucoさんは分娩室へ行くシミュレーションを立てていたのですが……!?

 

陣痛メーターはついにMAXになって…

初産分娩3時間のお産 10

 

初産分娩3時間のお産 10

 

初産分娩3時間のお産 10

 

 

初産分娩3時間のお産 10

 

初産分娩3時間のお産 10

 

初産分娩3時間のお産 10

※このときの注射は、血管確保のためのものだと思いますが、当時は必死だったためよく覚えておらず……。記憶の中にあるイメージで描いてみました。

 

 

初産分娩3時間のお産 10

 

初産分娩3時間のお産 10

 

「行くぞ!」「行ける!」

 

心の中で自己暗示をかけ、

気合いを入れて分娩室へと向かうことに。

 

助産師さんより先に到着したyasucoさんは分娩台に乗り、

次の陣痛を迎えていました。

 

すると、助産師さんが到着。内診が始まりました。

 

しかし、「全開直前って感じかなー。

まだいきまないでくださいね」とひと言。

 

「承知しました」と言いながらも、

心の中では(もう出したいよー)と涙するyasucoさん。

 

痛みを必死で耐えながらも、先生がいつ到着するのかを

今か今かと待ちわびていたのでした。

 

 

心の中では「もう出したいよー」と叫びながらも、助産師さんの言葉に忠実に従うyasucoさん。痛みに耐えるのは、かなりしんどいですよね。全開大直前ということは、かなりいっぱいいっぱいな状況だったのではないでしょうか。

 


監修/助産師REIKO

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターyasuco

    2017年生まれの娘のママで、3人家族! 出産マンガや育児マンガを始め、イラストなども描いています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    8 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶