「元気なのに動けないってつらい!」健診時に切迫早産と診断。安静を余儀なくされ…

2021年4月に第一子となる娘さんを出産した際、ご夫婦で1年間育休を取得したという、こむぎ(@komugi_baby77)さんによる連載育児マンガ、「夫婦で育休1年とってみた」第28話。今回は、こむぎさんが妊娠中のときのお話です。妊婦健診時に「切迫早産」と診断されたこむぎさん。医師からは、「トイレ以外は基本動かずに寝ているように!」と言われてしまって……!?

 

妊婦健診時に「切迫早産」と診断されてしまい…

伝わらない

 

 

伝わらない

今回は少し前にさかのぼって、妊娠中のお話です。

 

妊娠7カ月になったころ、健診で「切迫早産」と診断され、

「トイレ以外は基本動かずに寝ているように!」と言われてしまいました。

 

それまで「妊婦でもウォーキングなどをして、

なるべく運動したほうがいい」と聞いていたので、

突然「動いてはいけない」と言われてビックリしたのを覚えています。

 

最初のうちは「ずっと寝てられるなら楽じゃない?」

「寝転がったままでも本とか読めるし、好きなことしよう!」などと

思っていましたが……。
 

「体は元気なのに、動いてはいけない」というのは

思っていた以上につらく、数日経つころには、

すっかり心が荒んでしまいました。

 

次の健診で「子宮頸管が伸びたので、動いても大丈夫」と言われたときは、

本当にうれしかったです。

 

けれどその後、正期産の時期が近づくと、

今度は「なかなか産まれないこともあるから、

たくさん歩いて赤ちゃんが降りてくるよう頑張ってね」と言われ……。

 

動いちゃいけないの!? 動いたほうがいいの!?と、

振り回された妊娠時代でした。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    ライターこむぎ

    0歳女児を育てる新米ママ。夫婦そろって一年間の育休を取得。ダブル育休エッセイの文や漫画を、SNSにて更新中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    6 クリップ

    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーターモイライ

    主に作画で活躍中。代表作「メキシコでアミーゴ!」

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶