「産休まであと1カ月なんて無理…」妊娠したてのころの余裕は消え去って…

2021年4月に第一子となる娘さんを出産した際、ご夫婦で1年間育休を取得したという、こむぎ(@komugi_baby77)さんによる連載育児マンガ、「夫婦で育休1年とってみた」第29話。今回も、こむぎさんが妊娠中のときのお話です。妊娠初期のころ、産休の取得が1カ月半前から取れることを知ったこむぎさん。そのころは、「1カ月半も自由とか何しよっかな~」と考えていました。しかし、いざ妊娠して半年を迎えると、考えがかなり変わっていて……!?

 

妊娠初期と半年後では、考え方が全然違っていて…

伝わらない

 

 

伝わらない

今回も妊娠中の思い出話です。

 

妊娠、出産、育児……どれにしても、経験してみて、

初めてわかることばかりだと実感しています。

 

振り返ってみて、「あのころ私は何もわかってなかったなぁ。

勘違いしていたなぁ」と思うこともしばしば。

 

今回の話も、その1つです。

 

妊娠したころの私は、産休に入るのは1カ月半前からと聞いて、

「結構前から休めるんだな」などと思っていました。

 

けれど実際におなかが大きくなってくると、

おなかの重みだけではなく体調の悪化やしんどさが山ほどあり……。


「1カ月半前なんて遅すぎる!!」と、心から思いました。

 

妊娠したころは「今のうちに好きなことをしておこう!」と

思っておりましたが、実際は体がしんどすぎて、

「早く生まれてほしい」と願うことしかできませんでした。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    ライターこむぎ

    0歳女児を育てる新米ママ。夫婦そろって一年間の育休を取得。ダブル育休エッセイの文や漫画を、SNSにて更新中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    6 クリップ

    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーターモイライ

    主に作画で活躍中。代表作「メキシコでアミーゴ!」

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶