「え、どういうこと!?」病室で先生が声をかけると、娘の驚愕の反応をし…【娘が脳症になったとき #22】

娘が脳症になったとき22話。風邪症状で受診、そのまま入院となった娘さん。入院以来、食べ物どころか水も飲むことが許されていない状況が続いていましたがMRIの結果が出たあと、医師の監視のもとハナに水を飲ませてみることに…

水が飲めるか試したところ、娘はごくんと飲むことができホッ。次は食べ物。医師の指示のもと、売店で買ってきた●っぱえびせんを、そっと口元に差し出したところ……

 

え!?そんなに…? 娘の驚愕の反応

娘が脳症になったとき #22

 

 

えびせんに食いついてカリカリ食べ始めたハナ。むせる様子もなく次から次へとかじりつき、先生から「今日は5本までにしてください」と止められました。

 

翌日は先生から脚をバタバタさせてみるよう言われ、病気になる前のように元気に足を動かした娘を見て、驚きました。入院から今まで見たことがないような元気な動きでした。さらに先生に支えられながらもヨロヨロと立つことができて、またびっくり。「もしかしたら元通り元気になって退院できるかも……?」と思わずにはいられませんでした。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター和田フミ江

    姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    10 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶