「不安しかないよ」HCUへ運ばれる父。入院への対応に追われて… #預金資産ゼロの父が倒れた話 6

「預金資産ゼロの父が倒れた話」第6話。2児の母でありヲタクであるエェコさんによる、お父さんが倒れたときの話を描いたマンガを紹介します。職場での仕事中に倒れたエェコさんのお父さんは、検査と治療のために入院することに。エェコさんはお父さんの入院対応に追われることになって……。

 

父の入院対応に追われて…

#預金資産ゼロの父が倒れた話6

 

#預金資産ゼロの父が倒れた話6

 

#預金資産ゼロの父が倒れた話6

 

 

#預金資産ゼロの父が倒れた話6

 

#預金資産ゼロの父が倒れた話6

 

#預金資産ゼロの父が倒れた話6

 

 

#預金資産ゼロの父が倒れた話6

 

#預金資産ゼロの父が倒れた話6

 

脳のCT検査をしても病名が判明しなかった父は、検査と治療のために入院することになりました。しかも入院するのは一般病棟ではなく、HCU(高度治療室)への入院に決まりました。

 

HCUというのは一般病棟とICU(集中治療室)の間に位置付けられている部屋だそうです。ICUはドラマなどで聞いていたので知っていましたが、HCUはまったく知りませんでした。

 

私は肉親なのでHCUがある病棟に入れましたが、付き添ってくれた父の会社の社長さんとはここでお別れ。社長さんは搬送のときからずっと父の側にいてくれて、私と一緒に父の容態について聞いてくれたりもしました。

 

やさしい社長さんと別れて、私はHCUのある病棟まで行き父とも別れました。その後、入院に関する書類や検査、治療に関する同意書へサイン。

 

とにかくいろいろなことがどっと押し寄せてきて……大量にサインしたことしか記憶にないです(笑)。

 

入院中の日用品について、父が入院した病院ではパジャマが1日330円、おむつが1枚248円の費用が発生するとのこと。レンタルも病院の売店も高いので、安い店で買ってくることにしました。

 

私はすでに母がおらず、兄弟もいません。父には妹がいますが、コロナ禍の中、東京まで来てもらうわけにもいかず……私1人で誰にも頼れないのでとても不安になりました。

 

ー--------------

 

入院手続きでたくさんの書類にサインしたエェコさん。病院では書類をもらうことが多いので、都度整理しておくことが大事ですよね。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターエェコ

    長男(2009年生まれ)と長女(2014年生まれ)を持つヲタママ。妊娠コミックエッセイ『腐女子な私が、母親に!?』がKADOKAWAから発売中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    2 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶