食・レシピ 離乳食 コツ・ヒント 栄養 食べていいものダメなもの 料理 食生活 体験談 幼児食 離乳食初期 離乳食中期 離乳食後期

赤ちゃんにマヨネーズはいつから使えるの?離乳食のプロが答えます!

 

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。今日は大人の料理でも使えると便利なマヨネーズのお話。赤ちゃんはいつからマヨネーズを食べられるのでしょうか? マヨネーズのことを少し調べてみましょう!

 

続きを読む

マヨネーズはいつから食べられる?

サラダ、炒め物などなど、さまざまな料理に使えるマヨネーズ。マヨネーズの原料といえば、植物性油脂、卵、酢、塩です。離乳食インストラクター協会では、マヨネーズは1歳半を過ぎてからを推奨しています。その理由は、「油が多い」「生卵からできている」この2つの理由からです。

幼児期になっても当てはまることですが、とくに離乳食期は、だしと素材の味を赤ちゃんに味わってほしいからです。調味料はしょう油と味噌を中心に風味をつける程度に使用します。あえて、マヨネーズを使わなくてもいいかなと思っています。

 

マヨネーズを使うときのポイント

マヨネーズを使うときは、ぜひ以下のポイントを参考にしてください。
 

少量だけ使う

マヨネーズを使うとき、量は大人が決めましょう。たとえばわが家の失敗談。チューブのまま食卓に置き、子どもたちに自由に使わせていたら、お皿いっぱいにマヨネーズを出して、ブロッコリーにベタベタつけて食べていました。マヨネーズは、料理にすでに和えている状態で食卓に出すと安心かなと思います。
 

ごくたまに

油が多いため、頻繁にマヨネーズを使うことはおすすめできません。これは、大人にも言えることではないかなと思います。

 


実は私、マヨネーズ好きなんです。子どもが生まれるまで、サラダには何でもマヨネーズをかけて食べていました。でも、子どもが生まれてからは、サラダはしらすやコーンと塩少々など、素材の味で楽しめるものに変化させました。子どもが小学生になった今もこれを続けています。そして、マヨネーズはごくたまの楽しみとして冷蔵庫においています!

みなさんも、各ご家庭のマヨネーズルールをつくってみるのもいいかもしれませんね。

 

著者

保育士 中田馨

一般社団法人 離乳食インストラクター協会 代表理事 中田家庭保育所施設長


0~2歳対象の家庭保育所で低年齢児を20年以上保育する。息子が食べないことがきっかけで離乳食に興味を持ち、離乳食インストラクター協会を設立。現在は、保育士のやわらかい目線での離乳食の進め方、和の離乳食の作り方の講座で、ママから保育士、栄養士まで幅広く指導。離乳食インストラクターの養成をしている。「中田馨 和の離乳食レシピ blog」では3000以上の離乳食レシピを掲載中。『いっぺんに作る 赤ちゃんと大人のごはん』(誠文堂新光社)も発売中!


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。