「ちゃんと言っておきたいことがある」プロポーズと共に打ち明けられた彼の真実とは… #イイ男はモラハラ夫でした 3

「イイ男はモラハラ夫でした」第3話。モラハラ夫との15年結婚生活を送ったのち、離婚したRINさん。モラハラ夫との苦悩と忍耐の結婚生活をマンガで紹介します。

元夫に出会ったとき、彼はとてもやさしくて「イイ男」でした。しかし、付き合い始めてしばらくしたころから、引っ掛かることも出てきました。出かけるところはいつも元夫が決めていたのです。

さらに、車の運転中も前の車に対してイライラして「ちっ。早く行けよっ」と言ったりすることも。RINさんがいらないと言っている食べ物を無理やり食べさせることもありました。



元夫が打ち明けてきたことは…

#イイ男はモラハラ夫でした 3

 

#イイ男はモラハラ夫でした 3

 

#イイ男はモラハラ夫でした 3

 

#イイ男はモラハラ夫でした 3

 

#イイ男はモラハラ夫でした 3

 

#イイ男はモラハラ夫でした 3

 

#イイ男はモラハラ夫でした 3

 

#イイ男はモラハラ夫でした 3

 

#イイ男はモラハラ夫でした 3

 

離婚後の今、当時を振り返ると、結婚前からモラハラの片鱗は見えていました。しかし当時のRINさんは気付かなかったのです。

 

自分のお父さんにも理不尽なところがあり、また、いい人にも欠点はあると前向きにとらえていたからです。「若かった」の一言に尽きると、RINさんは今、痛感しています。

 

そして彼からのプロポーズ。うれしいけれど引っ掛かるものもあったRINさんは曖昧に返事をします。すると、元夫は続けて衝撃の事実を告げてきたのです。

 

「オレ、バツイチなんだ」

 

RINさんは衝撃の告白を受け、固まってしまいました。

 

◇  ◇  ◇

 

付き合っていた彼が実は離婚歴があると知ったら、少なからずショックを受ける方が多いのではないでしょうか。今回、RINさんはプロポーズと共に知ることになりました。みなさんがRINさんの立場だったらどうしますか?

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターRIN

    2児男の子ママ。モラハラ夫と15年の結婚生活を経て離婚→18歳年下夫と子連れ再婚。モラハラ元夫との過去話や、現在の年下夫と子どもたちとの毎日をマンガ化しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    4 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶