「やるなら今!」思い切りよく決断したものの…いざとなると恐怖心が… #はじめて子宮筋腫の手術 2

【はじめて子宮筋腫の手術をした話 2】20代前半、初めて受診した婦人科で「子宮筋腫」があることを告げられたみりさん。子宮筋腫の発見から手術を受けるまでの体験記をご紹介します。

 

悩んだ末、私の決断は

※子宮筋腫は、子宮にできる良性の腫瘍です。30~40代の女性に多く、生殖年齢にある女性の20~30%にみられると言われています。子宮筋腫は良性の腫瘍ですが、大きくなると過多月経、月経困難症、不妊、圧迫症状など、さまざまな症状が現れるため、早めに診断・治療を受けることが大切です。

 

「やるなら今!」思い切りよく決断したものの…いざとなると恐怖心が… #はじめて子宮筋腫の手術 2

 

「やるなら今!」思い切りよく決断したものの…いざとなると恐怖心が… #はじめて子宮筋腫の手術 2

 

「やるなら今!」思い切りよく決断したものの…いざとなると恐怖心が… #はじめて子宮筋腫の手術 2

 

 

「やるなら今!」思い切りよく決断したものの…いざとなると恐怖心が… #はじめて子宮筋腫の手術 2

 

子宮筋腫の治療として医師に告げられたのは「ピルの服用」か「手術での摘出」でした。手術に対して恐怖心があり、医師から手術を積極的にすすめられたわけでもなかったため、手術を受けるべきかピルで様子を見るか、みりさんは悩みました。しかし、今後さらに悪化することを懸念し、みりさんは手術での摘出を選択したのです。

みりさんは婦人科で紹介状を書いてもらい、手術を受けられる大きな病院へ。検査の結果、子宮筋腫で間違いないと告げられました。しかし、実際に手術日程を提示されると、手術が現実味を帯び、みりさんの不安は急に大きくなってしまったのです。

一度決意しても、なにしろ初めて受ける手術……。恐怖心がつきまといますよね。婦人科の先生によると、筋腫があっても数が少なかったりサイズが5〜6cm程度であれば問題なく出産できるケースのほうが多いため、心配しすぎる必要はないとのことですよ。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

監修/助産師 REIKO

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターみり

    自分の経験で誰かの役に立てたならと思いエッセイ漫画を作成している。「イラスト・漫画で何か発信できたら…」と模索中のアラサーOL。漫画内に出てくるキャラクターのLINEスタンプ紗凪名義で「レッサーパンダのレッサーちゃん」をゆるく販売中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶