「スカート、汚れてるよ!」学校の廊下で友人がピンチ!指摘すると予想外の展開に!?

高校時代、友人たちと学校の廊下を歩いていたある日、友人のスカートが経血で汚れているのを発見。「スカートが汚れてるよ!」と慌てて友人に指摘すると、予想外の展開になったのです。

「スカートが汚れてるよ!」学校の廊下で友人がピンチ!指摘すると予想外の展開に!?

 

友人のスカートに経血漏れを発見

高校生のころ、教室移動のため、友人3~4人で廊下を喋りながら歩いていたときのことです。1人の友人が、別の友人のスカートに経血がついていることに気づきました。私たちは慌ててその友人のスカートを隠しながら、トイレへと直行。

 

幸い経血がついたのはプリーツのひだの内側で、量も少なく、また経血はついたばかりのようで、水で濡らしたハンカチで軽く叩いてふき取るだけで、経血汚れはほとんど目立たなくなりました。

 

また、本人自身もナプキンの替えを持っており、下着もどうにか対処できたようでした。

 

予想外の展開! 生理トークが始まって…

その後の休み時間、思わぬ展開になりました。経血漏れの処理をおこなった流れで、友人とお互いの生理事情について話すことになったのです。会話のきっかけは今回経血漏れを起こしてしまった友人で、今が一番経血の量が多い時期だったため、経血漏れを起こしてしまったのだとか。ナプキンの替えは持っていたものの、取り替えるのが間に合わなかったそうです。

 

これに対して別の友人が「学校にいるときは替えるタイミングが少なくて大変だから、夜用のナプキンを使うといいかも」とアイディアを出しました。すると、スカートを汚してしまった友人は、「夜用はもう使ってるけど、それでも多い日は経血漏れをしてしまう」と、経血量がかなり多いことを打ち明けたのです。

 

個人による経血量の差に驚き

私はそれまで、友人と生理について掘り下げて話をしたことがありませんでした。また、私自身の経血量は平均的な範囲に収まる量であったため、経血漏れをしてしまった友人の話を聞いて、そんなに経血量が多い人がいるのかと、とても驚きました。

 

今思えば夜用ナプキンがすぐにいっぱいになる経血量は異常であり、すぐにでも病院に行くことをすすめるべきでした。しかし、当時の私は生理に対する知識も少なく、「個人によってそんなに差があるのか……」とただただ驚くばかり。今現在はその友人とは疎遠になっているため、今となっては「学生時代にもっと生理に対する知識があればよかった」と感じています。

 

 

学校教育でも生理について勉強する機会はありますが、経血量の個人差など、そこまで深く掘り下げて教えてくれることはないと思います。しかし、友人のように経血量があまりにも多い場合、実は大きな病気が隠れていて、体からのSOSになっているケースもあるはず……。そういうことから、学校教育でも、生理についてもっと踏み込んだ教育をしてもいいのではないかと感じました。

 

著者/百田
イラスト/かたくりこ
監修/助産師 REIKO

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶