「私って変なの?」友人たちは始まっているのに私はまだ。涙ながらに母に打ち明けると

私は中学3年生まで生理がきませんでした。周りはすでに生理になっている子ばかりなのに、私だけまだ……。自分だけ遅れているような焦りに毎日不安な日々を過ごしていました。そんなある日、プールの授業で、私がまだ生理になっていないことがバレてしまい……。

「私って変なの?」友人たちは始まっているのに私はまだ。涙ながらに母に打ち明けると

 

生理がきていないのは私だけ? 友だちはみんなもうなっているのに…

私が生理になったのは、中学3年生の秋ごろでした。周りの友だちのほとんどが中学2年生になるまでには生理がきていたにもかかわらず、私だけがまだ……。

 

当時は背もかなり低く、胸の膨らみもなくブラジャーを着ける必要がまったくないほど。いわゆる第二次性徴が遅く、周りの友だちが大人へと成長している中、私ひとり置いていかれているように感じていました。

 

プールの授業で生理になってないことがバレる

中学3年生の夏の日のことです。その日は体育の授業でプールがあり、女子更衣室で水着に着替えていました。当時、女子の間では「プールの授業を見学している=生理」と認識されていて、私以外の女子はみんな一度はプールを見学していました。 

 

初潮がまだの私は毎回プールに出席していたのですが、そのことからとうとう私だけ一度も見学していないことがバレてしまい、目立っていたギャルグループから「〇〇だけ生理きてないの〜? やばっ!」と、からかわれるようになったのです。

 

私は、悩んでいたことをみんなの前で言いふらされて、とても傷つきました。でも、その場の雰囲気を壊さないように「うそ! 私だけまだなの!? やばいじゃん〜」と、気にしていないふうを装って泣きたい気持ちを必死に隠し、その場はやり過ごしたのです。

 

「私は変なの?」泣く私に母親がかけてくれた言葉は

帰宅後、部屋に閉じこもる私。心配して部屋にきた母にすべてを打ち明けました。生理が自分だけにきていないこと、それが今日みんなにバレてからかわれたこと。

 

「中3になって生理がきてないなんて、私は変なの?」。不安と恥ずかしさで涙が止まらない私に、母は「変じゃないよ。自分のペースで成長するんだからね」。そう私にやさしく語りかけてくれました。

 

その言葉に、生理がまだである不安や焦りがスーッと消え、「私は私のペースで成長するんだ。焦らなくていいんだ」。そう安堵したのです。

 

その後、中学3年生の秋には、私にも生理がきました。

 

 

自分だけ生理がきていないことに不安で仕方なかった私へ、焦らなくていいと安心させてくれた母の言葉に救われました。自分の子どもがもし悩みをかかえていたら、母のように、気持ちに寄り添い悩みを聞いてあげたいと思います。

 

著者/kinkuma
イラスト/かたくりこ
監修/助産師 松田玲子

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶