「ドロボウ猫!」私がチャラ男と浮気!?私が誘ってる?バイト先の女性に疑われ… #イイ男はモラハラ夫でした 10

「イイ男はモラハラ夫でした」第10話。モラハラ夫と15年の結婚生活を送ったのち、離婚したRINさん。モラハラ夫との苦悩と忍耐の結婚生活とは……?

当時、プロポーズと同時にバツイチであることを彼から告白されたRINさん。喜びつつも、これまで彼の言動で引っかかるところもあったため、不安に……。そこで両親の意見を聞こうと、彼を両親に紹介しました。さわやかに感じよく挨拶する彼を、両親は一目で気に入ってしまいました。

両親からお墨付きをもらったRINさんは、ひと安心。その後、順調に彼とのお付き合いが続きました。

ある日、彼の自宅へ行きました。離婚後に新築分譲を購入したという彼。家を買うぐらいだから経済的に安定しているのだなとRINさんは思いました。すると、彼が「この前、借金ないって言ったけど、この家のローンはあるんだ」と言ってきました。

「家のローンは将来財産になるわけだし」と、RINさんは特に気にしません。

 

ただ、念のため改めて「この家のローン以外は借金ないよね?」と聞きました。すると彼は……!?

 

そしてRINさんは、バイト先で、あるトラブルに巻き込まれてしまって――!?

「人の男に手ェ出してんじゃないわよ!!」

#イイ男はモラハラ夫でした 10

 

#イイ男はモラハラ夫でした 10

 

#イイ男はモラハラ夫でした 10

 

#イイ男はモラハラ夫でした 10

 

#イイ男はモラハラ夫でした 10

 

#イイ男はモラハラ夫でした 10

 

#イイ男はモラハラ夫でした 10

 

#イイ男はモラハラ夫でした 10

 

#イイ男はモラハラ夫でした 10

 

#イイ男はモラハラ夫でした 10

 

#イイ男はモラハラ夫でした 10

 

#イイ男はモラハラ夫でした 10

 

#イイ男はモラハラ夫でした 10

 

 

バイト先でボスグループに呼び出されたRINさん。

 

「人の男に手ェ出してんじゃないわよ! このドロボウ猫!!」

 

と怒鳴られました。

 

女性の彼氏が何度もRINさんに電話してきているのに、女性はRINさんが誘っていると思っているのです。

 

「もう彼に関わるな」

「このウソつき!」

 

と彼女の仲間たちからも非難されてしまいます。

 

RINさんの目には涙がポロポロこぼれてきました。そして、そんなとき、彼のことが恋しくなってしまいました。

 

「声、聴きたいな」

 

そう思ったRINさんは携帯を手にとりました。

 

◇  ◇  ◇

 

この彼女さんは頭に血が上ってしまって、RINさんの話を聞いていないようですね。バイト先や職場で人間関係が悪くなるのはつらいですよね。けれども誤解を晴らすのは難しそうです。数人に怒鳴られてしまったRINさんが、思わず涙を流したのもうなずけますね。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターRIN

    2児男の子ママ。モラハラ夫と15年の結婚生活を経て離婚→18歳年下夫と子連れ再婚。モラハラ元夫との過去話や、現在の年下夫と子どもたちとの毎日をマンガ化しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    4 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶