さわやかに挨拶する彼。人を見る目があると豪語する両親は、見破れるのか…!? #イイ男はモラハラ夫でした 9

「イイ男はモラハラ夫でした」第9話。モラハラ夫と15年結婚生活を送ったのち、離婚したRINさん。モラハラ夫との苦悩と忍耐の結婚生活とは……?

当時、プロポーズと同時にバツイチであることを彼から告白されたRINさん。喜びつつも、これまで彼の言動で引っかかるところもあったこともあり、不安になってしまいます。両親に相談すると、「会わせてみなさい」とのこと。そこで彼を両親のところへ連れていきました。さわやかに感じよく挨拶する彼を、両親は一目で気に入ってしまいました。


両親の判断、そして彼の新たな告白…

#イイ男はモラハラ夫でした 9

 

#イイ男はモラハラ夫でした 9

 

#イイ男はモラハラ夫でした 9

 

#イイ男はモラハラ夫でした 9

 

#イイ男はモラハラ夫でした 9

 

#イイ男はモラハラ夫でした 9

 

#イイ男はモラハラ夫でした 9

 

#イイ男はモラハラ夫でした 9

 

#イイ男はモラハラ夫でした 9

 

両親にさわやかにあいさつした彼。両親はいい青年だと大喜びです。

 

RINさんも、両親がそう言うので、自分の考えすぎで、やっぱり彼はいい人なのかなと思い直しました。

 

さらに占い師にもこの人と結婚しなさいと言われ、彼が運命の相手だと思ってしまいます。

 

その後、結婚を前提にしたお付き合いが進み、ある日、彼の自宅へ行きました。新築の立派な家でした。家を買える彼なら経済的に安定しているのだろうと、ますますRINさんは彼を見直します。

 

しかし、そう思った矢先に彼は「家のローン」があると言ってきたのです……。

 

◇  ◇  ◇

 

人生の先輩である両親にも、彼がのちにモラハラ夫になることは、想像もできなかったようです。それぐらい彼はきっと立ち振る舞いが上手だったのですね。両親がお付き合いの相手を認めてくれたらうれしくなって、気持ちも前向きになりますよね。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターRIN

    2児男の子ママ。モラハラ夫と15年の結婚生活を経て離婚→18歳年下夫と子連れ再婚。モラハラ元夫との過去話や、現在の年下夫と子どもたちとの毎日をマンガ化しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    4 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶