「すまなかった」いきなり頭を下げられ困惑。謝罪に至った真意とは一体…? #困った住人 34

「困った住人 」第34話。ある日突然、ポストに苦情の手紙が入っていたつむ田さん。手紙には「うちの庭に女の子の人形が落ちてきました。非常に迷惑です。ベランダに子どもを出さないで、ちゃんと子育てしてください」そう書かれていました。

そして、手紙は相変わらずつむ田さんのマンションのポストに投函され続け、その内容は日に日にエスカレートしていきます。

しかしひょんなことから、謎の手紙の犯人と遭遇してしまうことに…‥!

 

犯人は、107号室に住むナナメさんだったのです。

 

ナナメさんは自分の庭に何度か女の子の人形が落ちていたのが気にくわず、「迷惑している」と主張。

 

ただ、つむ田さんは娘さんをベランダに出したこともなければ、家の中にある人形の数も減ってはおらず。

 

そういった事実も話し、「お庭に人形を落としたのは娘じゃない」と伝えるのですが、ナナメさんに話が通じることありませんでした。

 

今回のやり取りで、ナナメさんは人の意見に耳を傾けない人だということが分かると、足早にその場を去るつむ田さん。

 

家に帰ると娘さんが「ママ―。変な音がする」とベランダを指差してきました。

 

「何の音だろう?」と思いながらもベランダに出てみると、トナリさんの息子、ナゲル君がベランダの手すりによじ登り、庭に向かって人形を投げていたのです。

 

その光景を目撃したツム田さんは、ナゲル君にすぐ降りて部屋に入るよう指示を仰ぐと、慌ててトナリさんに報告しに行きます。

 

さらにこれまでの流れを話し、「ナナメさんの誤解を解きたい」と要望を伝えるのですが、トナリさんは「やめてよ」と激怒!

 

「友達やめるわ」と言い放ち、思いっきりドアを閉められてしまったのでした。

 

それからというもの、トナリさん達から無視される生活が続いたつむ田さん。

 

そんなある日のことナナメさんが目の前にいきなり現れたかと思うと、「すまなかった」と謝罪してきて……!?

 

「すまなかった」いきなり頭を下げられて…

困った住人 33

困った住人 34

 

困った住人 34

 

 

困った住人34

 

困った住人 34

 

困った住人 34

 

 

困った住人 34

 

困った住人 34

 

 

困った住人 34

 

ナナメさんから謝罪を受け、事情を聞いたつむ田さん。

 

(もう少し早く気付いてくれたなら良かったのに……)

 

心の中でそう思いながらも、

「分かってもらえたならいいですよ。もう……」

そう言うと、足早に去ろうとするつむ田さん。

 

しかし、「待ちなさい!」とナナメさんが引き留めます。

 

「トナリさんからいじめられているんだろう?

私と一緒に復習するつもりはないか?」

 

あまりにも予想外すぎる提案に、

つむ田さんはただただ驚いてしまうのでした。

 

 

タイミングが悪かったように思いますが、ナナメさんへの誤解が解けて良かったですね。しかし、「一緒に復讐しないか?」という提案もかなり唐突ですね……。つむ田さんはなんて答えるのでしょうか。皆さんがつむ田さんならどうしますか?

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターツムママ

    息子とパパと家族3人で暮らしているお絵かきママ。インスタグラム、ブログ【ツムママは静かに暮らしたい】で「長男の嫁ってなんなの?」などを連載中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    57 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶