「ううう…」想像以上につらい!「人生初」の痛みに大困惑

中学1年生で初潮を迎えた私。初潮を迎えてから1年間くらいは、生理痛もまったくなく「生理ってつらいって聞いていたけど、意外とラクじゃん」と思っていました。しかし、中学2年生になったある日、人生初のひどい生理痛を体験し……。

「ううう…」想像以上につらい!「人生初」の痛みに大困惑

 

「生理ってラクじゃん」と思っていた私

周囲に比べて、幼少期から体の発育が遅かった私。中学1年生で初潮を迎えましたが、まだ体が発育途中だったからか生理がなかなか安定せず、周期がバラバラだったり、生理がきても少量の出血で終わったりすることがよくありました。

 

予期せぬタイミングで生理になるのは嫌でしたが、経血量が少ないうえ生理痛もほとんどなかったため、当時の私は生理をあまり苦痛に感じていませんでした。それどころか「友だちから生理はつらいって聞いていたけど、そんなにつらいかな? 意外とラクじゃん」とさえ思っていたのです。

 

ついに本格的な生理が始まると…

しかし、中学2年生になったある日、ついに本格的な生理がやってきました。今までにない経血量で、腹痛もあり戸惑う私。

 

母からは「今までの生理が軽かっただけで、それが普通だよ」と言われ、そういうものなのかと納得した私は、普段通り学校に行きました。

 

家を出る前、母は「本当にしんどいときは、先生に話して休ませてもらいなさい」と言いましたが、初めて生理痛を体験する私は「どれくらいが本当にしんどいときなんだろう」と疑問を持ったことを覚えています。

 

体育の授業中、痛みがピークに!

何とか学校に到着しましたが、生理痛がどんどんひどくなり、私は生まれて初めて「生理ってつらい!」と実感しました。

 

しかし、休んだほうがいい痛みの度合いがわからず、私は体育の授業に参加。無理したことでさらに痛みは増し、ついに体育館でうずくまってしまいました。

 

「これは本当にしんどいときだ!」と確信した私は、心配して駆け寄ってきた先生に生理だと伝え、保健室で休ませてもらうことに。保健室に行く途中、付き添ってくれた先生と友だちから「動けなくなる前に、ちゃんと休まなきゃ」とアドバイスされ、生理との付き合い方を意識するきっかけになりました。

 

 

初めての生理痛に戸惑って周囲に迷惑をかけてしまいましたが、嫌な顔をすることなくやさしくアドバイスしてくれた先生や友人にはとても感謝しています。この出来事以降は、生理中はできるだけ安静に過ごすようになったほか、生理痛に備えて常に鎮痛薬を持ち歩いて対策するようになりました。

 

著者/ごとうゆき
監修/助産師 松田玲子

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶