「し、知らなかったー!」血液の汚れ落としに苦労していた私。まさかの勘違いをしていて!?

経血で下着を汚してしまうこと度々ありましたが、血液の汚れはシミになりやすく、うんざり……。でも、実は間違った方法で汚れを落としていたことを知りました。

 

 

毎回の血液汚れが気になる…

私は経血量が多く、ナプキンからもれて下着を汚してしまうことがよくありました。中学生くらいからは、洗濯機に入れる前に自分で下洗いするようにしていましたが、血液の汚れはなかなか落ちないことも……。

 

生理中は生理用のショーツをはいているので、汚れが完全に落ちなくてもまあ仕方ないという気持ちでした。でも、生理がきたときにナプキンを当てていなくて、生理用ではない下着を汚してしまうのが嫌だったので、生理が近付いてきたら早めにナプキンを当てておく、お気に入りの下着ははかないなど、気をつけていました。

 

血液汚れの洗い方とは…?

高校卒業後は看護学校に進学しました。病院では血液汚れは日常茶飯事のようなもので、実習先でも血液で汚れた患者さんの衣類などを洗う場面に遭遇することもありました。

 

血液汚れを洗う場所は決まっていて、必ずその場所で洗っていました。そこの水道はお湯が出なかったので、洗っている看護師さんに「水で洗うのは大変ですね」と話すと、思いがけない返答が返ってきたのです。

 

水で洗うことが重要だった!

それは、「血液は水で洗わないと固まってしまうから」という返答でした。お湯が出ないから水で洗っているわけではなく、血液は水で洗うのが当たり前だったのです。

 

お湯で血液を洗うと血液中のたんぱく質が固まってしまい、汚れが落ちなくなる――。このときまで、そのことをまったく知らずにいました。

 

むしろ私は、生理の血で下着が汚れたときには、お湯で洗ったほうがきれいに落ちると思い、毎回お湯で洗っていました。しかし、それは間違いで、きれいに落とすためには水で洗ったほうがよかったということをそのときに知ったのです。

 

 

「血液汚れは水で洗うほうがいい」。そのことを知ってから、生理で汚れた下着を水で洗うようにしました。水で洗うと、確かに汚れが落ちやすいと感じました。

 

下着を汚さないようにと気をつけるのは変わりありませんが、それでも汚れがきれいに落ちるようになってからは、気分的にラクに過ごせるようになったと思います。

 

著者/うみの るな
作画/Michika
監修/助産師 REIKO

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶