「ゆっくり寝たいのに…」初孫に大喜びの義母。その行動に頭がクラクラ

赤ちゃんはかわいらしくて、見ていて飽きません。特に初孫であった義母は、その思いが強く、孫との対面ができる日を心待ちにしていました。しかし、その義母の気持ちとは裏側に、私は、別の感情を持ち合わせていたのです。

「ゆっくり寝たいのに…」初孫に大喜びの義母。その行動に頭がクラクラ

 

初孫との対面を楽しみにする義母

私たち夫婦の子どもは、義母にとって初孫でした。遠方に住む義母は、妊娠を報告したときから非常にうれしそうで、孫との対面を心から楽しみにしていました。出産前には孫が使えるようにと手作りのおむつポーチやスタイなどをいくつも作って送ってくれました。

 

そして、ついに赤ちゃんが誕生! 義母が孫と対面できる日がやってきたのです。場所は私の実家。産院から退院した週の週末、義母は赤ちゃんを見にくることになりました。

 

滞在時間にびっくり!

そのころ、私は、初めての育児にてんてこまいの日々を送っていました。睡眠時間もままならない毎日に、私は常に頭がフラフラしている状態。そんな状態でも義母がくると聞き、初孫に会いたい義母の気持ちもわかりつつも、私は、正直体を休めたい気持ちでいっぱいでした。

 

そんなフラフラな状態なのに、義母が実家に滞在するスケジュールを聞き、私はびっくり仰天! 義母がきた日の昼食を共にすることは予想していましたが、その日の夕食も、さらに翌日の昼食も食べにくると言うのです。

 

産後はとにかく休みたい

私は、そのスケジュールを聞いたときに、頭がクラクラするような気がしました。義母が見にくるのは、私ではなく赤ちゃんだとわかっていても、義母がそばにいては、私はなかなかゆっくり寝ることができません。それがとてもつらく感じたのです。

 

しかし結局、その計画は予定通りに実行されました。数年経った今でも、私はこの出来事はつらい出来事として記憶に残っています。

 

「赤ちゃんを見たい!」という義理の母の気持ちもわかりますが、出産したばかりの私への気づかいも欲しかったと、後日夫に私は苦言を呈しました。

 

 

産後は赤ちゃんへ視線が注がれがちですが、出産した母の体は休みを欲していると私は感じました。「赤ちゃんを見たい!」と思う周りの気持ちもわかりますが、それをなだめる人の存在も必要です。特に夫にはその役割を担ってほしいと私は強く思いました。

 

著者/nanoka22

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶