「はぁ?何言ってんだ…」ママがセクハラ被害を愚痴ると、義母がありえないことを言い放ち… #義母と戦ってみた 4

「義母と戦ってみた」第4話。サキがスーパーで働き始めると、田舎で義母の顔が広いということもあり、いろんな人に声をかけられました。さらに、そのスーパーの店長は……

話しかけてくるたびに体に触れるセクハラ店長でした。バイトに慣れ始めて数日が経ったころ。勤務中に別室へ呼ばれ、どんどん顔を近づけて話しかけてくる店長……。サキが困っていると、ドアをノックする音と、「店長ー」と呼ぶ声が聞こえ……?

 

セクハラ被害を家族に愚痴ると…

義母と戦ってみた第4話_1

 

義母と戦ってみた第4話_2

 

義母と戦ってみた第4話_3

 

 

義母と戦ってみた第4話_4

 

義母と戦ってみた第4話_5

 

義母と戦ってみた第4話_6

 

 

義母と戦ってみた第3話_7

 

義母と戦ってみた第4話_8 

 

義母と戦ってみた第4話_9

 

 

義母と戦ってみた第4話_10

 

義母と戦ってみた第4話_11

 

義母と戦ってみた第4話_12

 

 

義母と戦ってみた第4話_13

 

義母と戦ってみた第4話_14

 

義母と戦ってみた第4話_15

 

 

義母と戦ってみた第4話_16

 

「シフトの件で相談いいですかー?」

ドアを開けて入ってきたのは、同じアルバイトのサヤカでした。

店長とシフトについて話し始めたサヤカは後ろに手を回し、何か合図を送っている様子。

 

その合図が“今のうちに外へ出て”ということだとわかったサキ。

「じゃあ私は失礼します! 何かあればチーフを通しますね」

と言って部屋から出て行き、店長のセクハラから逃れることができました。

 

そんなことがあった夜、食事の席で夫や義母に店長のセクハラについて話すと……

「その店長最悪だな! それ以上ひどくなる前に辞めてもいいんだぞ?」

夫はそう言って怒ってくれました。

 

様子を見ながら頑張りたいというサキに対し、義母は……

「サキちゃん、無理しちゃだめよ。家のことだってあるんだし。

でもまあ肩とか触られただけだものね!

それぐらいたいしたことないでしょ。

気にしすぎ、大丈夫よ!

セクハラを笑い飛ばしました。

 

何言ってんのこのババ……じゃない落ち着け、これはお義母さんだ。

 

心のなかで怒りを抑えるサキ。

 

「大丈夫なわけないだろ! 母さんは軽く考えすぎなんだよ! 今と昔じゃ全然違うんだ!」

夫が代わりにブチ切れ、義母は何も言い返してきませんでした。

 

 

 

店長からのセクハラに困っていたところ、アルバイト仲間が助けてくれました。もしかしたら、サヤカも同じように被害に遭っていたのかもしれませんね……。そんな被害に遭って傷ついたサキに、「それくらい大したことない」と言い放って笑い飛ばした義母。時代が違うとはいえ、同じ女性なら理解してほしいですね……。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターとりまるねこぽちゃ

    とりまると、ねこぽちゃの2人で描いています(どちらもオタク)。Instagram、ブログなどで体験談や失敗談、絵日記などを更新中!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    54 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶