記事サムネイル画像

「ごめんなさい!」先生たちにかけちゃった!?4回経験した出産の中で、一番恥ずかしかった出来事とは

私は今までに4人の出産を体験しています。その中でも一番恥ずかしかったのが、3番目の赤ちゃんを産んだときです。出産時に起きた予想外の出来事をご紹介します。

この記事の監修者
監修者プロファイル

助産師松田玲子

医療短期大学専攻科(助産学専攻)卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務。 大学附属病院で助産師をしながら、私立大学大学院医療看護学研究科修士課程修了。その後、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
19 クリップ

3人目は陣痛促進剤を使った出産

妊娠39週5日、破水をしていたので、「陣痛がこなければ陣痛促進剤を使って出産しようね」と助産師さんからお話がありました。次の日、やはり陣痛がこなかったので、朝8時半に陣痛促進剤を使うことに。

 

朝10時ごろには陣痛が始まり、もうすぐ赤ちゃんに会えるんだというワクワク感と緊張の中、頑張るぞ! と意気込んでいました。午後2時ごろには「いきみたい!」という状態になり、2回イキむと赤ちゃんは出てきてくれました。

しかしそのときに、私の出産経験で一番恥ずかしい出来事が起きたのです。

 

助産師さんと先生に、羊水が……

「赤ちゃんの頭が出てるよ。次で赤ちゃん出すよ!」のかけ声とともに生まれた赤ちゃんが。赤ちゃんが出てくるときは必死で気づかなかったのですが、赤ちゃんが生まれたあとに、「先生ごめんなさい!」と助産師さんが先生に謝っている声がしました。見てみると、助産師さんの顔に羊水がかかっているし、先生のエプロンにもすごい量の羊水がかかっていました。

 

たしかに、産むときに赤ちゃんと一緒にドバッと何かが出た気がしましたが、床まで羊水で大変なことに! 助産師さんと先生は「いいよ、いいよ」と笑顔で声をかけてくれましたが、とても恥ずかしくて、しばらく「ごめんなさい」と謝るしかなかったのを覚えています。

 

 

羊水がドバッと出た原因は?

私が産んだ3人目の赤ちゃんは、いわゆるビッグベビーでした。出産時の体重は4,018g。妊婦健診のエコーのときから頭が大きいねと言われていたので、助産師さんには「きっと赤ちゃんが大きかったから、頭がフタになって羊水がおさえられていて、生まれるときにドバッと出ちゃったんだね」と言われました。

 

そんな話は聞いたことがなかったので驚きでしたが、とにかく赤ちゃんが元気で生まれてきてくれたのでよかったです。ただ、生まれたあとも最優先は母体と赤ちゃんだったので、床の汚れはしばらく放置されていて、とても恥ずかしく、気になってしまいました。

 

 

予想もしなかった羊水での赤っ恥体験でした。お産中は必死なので恥ずかしいなどの感情を持つことはなかったのですが、出産が終わったあと、急に恥ずかしい感情がやってきたのです。しかし、助産師さんや先生は驚きながらもやさしくにこやかに対応してくれたので、心が救われました。恥ずかしかったけれど、思い出に残る出産となったのでよかったです。

 

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 


著者:松谷 えりな

3歳の息子と、7歳、5歳、2歳の娘たちの4児のママ。教員免許保持。子ども4人と夫、ペットのわんちゃん1匹と暮らしており、趣味は子どもたちといろいろな公園へ遊びに行くこと。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      これは恥ずかしすぎて読んでて ちょっと笑っちゃいました

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    医療の新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック▶︎