「どうして帰ってこないの?」結婚後、帰宅時間が遅くなっていく夫。その驚きの理由とは?

「寂しい」とメールすれば、夜中でも車を飛ばして会いにきてくれ、赤いバラの花束を抱え教会を貸しきってプロポーズしてくれた、ロマンチストな彼。交際5年で結婚したのですが、しばらくすると彼の態度が変わってきて……。

「どうして帰ってこないの?」結婚後、帰宅時間が遅くなっていく夫。その驚きの理由とは?

 

ロマンチストな彼と5年の交際を経て結婚

私が27歳のとき、遠距離恋愛をしている彼がいました。

 

彼はロマンチストでやさしい人。引っ越したばかりの私が「寂しいな……」ってポツリとメールを送ると、夜中にもかかわらず高速道路に乗って3時間かけて会いにきてくれたり、クリスマスには私の家にこっそりツリーとプレゼントを用意してくれたり。プロポーズのときは赤いバラの花束を抱えて教会を貸しきり、少女漫画に出てくるようなシチュエーションを演出してくれるなど、ロマンチックなことを平然とやってのける、一緒にいてドキドキの止まらない人です。

 

交際5年が経つころ、私が彼の家に住まいを移して、私たちは入籍しました。

 

少しずつ彼の帰宅時間が遅くなり、ついには…

ワクワクとともに始まった新婚生活。お互い仕事を持つ身なので晩ごはんを一緒に食べられないことも多々ありましたが、休日になれば2人で出かけたりして仲よく過ごしていました。

 

ところが、だんだん彼の帰宅時間が遅くなり、とうとう彼は家に帰らなくなったのです! 確認すると、わが家のひと駅手前にある彼の実家に帰っていたことが判明。どうやら、夫婦の家に帰るよりも実家に帰ってごはんを食べるほうが、彼にとっては居心地がいいようでした。私に帰る帰らないの連絡もなく、たまに帰ってきても食事はせず、私が作った料理は手付かずのままゴミ箱へ。私は、何のために慣れた職場を辞めてまで、不慣れな土地へきたのかわからなくなりました。

 

ストレスに耐えきれなくなった私は、離婚を視野に入れながら話し合いの場を設けてみたものの、無言のまま死んだ目をしてボーッと一点を見つめる彼には、私の声など届いていない様子。2人きりでは、まるで話し合いにならなかったのです。このままでは埒が明かないと思い、双方の親も交えて話し合いをすることにしたのですが、いい大人である彼が親の同席なしで話し合いすらできないことに呆れ返った私は、彼への想いがすっかり冷めきってしまい、離婚を決意。

 

お互いの両親も交えて話し合いをおこなったのち、私たちは離婚しました。

 

 

婚姻届を出したとき、彼は「これで大人の階段をまたひとつ上ったな」と言ったのです。当時は気に留めていなかったのですが、別れてから振り返ってみると、彼にとっての結婚は私と愛情を育んでいくものではなく、ただ自分の人生ゲームを攻略していたに過ぎないのだと思いました。交際中のロマンチックな演出も、自分の人生をじょうずに生きるためのものだったのかもしれません。もっと早く、本当の彼に気づいていればよかったです。

 

それに、彼と彼の家族との関係を把握しておくことも大事だと学びました。今思えば、彼は独身時代から、実家からひと駅しか離れていないところに住み続けていましたし、彼は、母親離れができていなかったのかもしれません。今後、再婚するかはまだわかりませんが、もし結婚を考える相手と出会ったときには、しっかりと相手を見極めたいと思います。

 

文/春川 さくらんぼさん

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶